LEGGOですブログ | K-POPを主観100%で語る

ヒップホップ好きが気づいた時にはK-Popに夢中になっていた件。

5月のお気に入りK-Pop。アイドルとヒップホップの組み合わせが強い

5月のお気に入りK-Pop

 

毎月のお気に入りK-Popを紹介しているこの企画。今回は5月編です。この月は多くの男性グループが新曲をリリースしたのですが、個人的にがっつりハマった作品がなかったのが残念。しかしかっこいい作品もいくつかあった。特にK-Popアイドルとヒップホップの組み合わせが目立っていた印象。5月のMVPもアイドルとヒップホップの組み合わせの曲でした。

 

この企画のルールは初回のブログに書いてあるので、それのリンクと前回分である4月のブログのリンクを貼っておきます。というわけで早速始めていきます!

 

leggodesu.hatenablog.com

 

leggodesu.hatenablog.com

 

 

 

 

CHUNG HA - My Friend Feat. pH-1

 

www.youtube.com

 

まずはチョンハの新曲を紹介。先ほど言った通り5月注目のアイドルとヒップホップの組み合わせの曲の1つで客演にpH-1、プロデュースはZion.Tとなっています。ヒップホップベースの歌モノ系となっており、普段のチョンハとは少し違った印象。最近毎月のように新曲をリリースしてくれているチョンハは注目するしかない。個人的に現在のK-Popで女性ソロアーティストの中でトップかもしれないと思っている。この曲に関してブログを書いたので詳しい感想についてはそちらをどうぞ。

 

leggodesu.hatenablog.com

 

My Friend (feat. pH-1) - CHUNG HA

 

 

 

woo!ah! - woo!ah!

 

www.youtube.com

 

5月にデビューしたばかりの新人グループwoo!ah!(ウア)の最初のタイトル曲。1人メンバーに日本人がいることもあり、注目している人も多いのでは?この曲もアイドルとヒップホップの組み合わせで、ゴリゴリのトラップのビートに対して可愛らしい歌声が面白い組み合わせとなっている。トラップベースのビートでデビューしたグループといえばEVERGLOW。なのでBon Bon Chocolateが好きだった人には特におすすめ。Bon Bon Chocolateが最初から最後までハードだったのに対し、woo!ah!の場合はビートが変化していくK-Popらしい構成になっており、こちらの曲の方がキャッチー。なので同じトラップベースの曲でもEVERGLOWとは全く違う曲となっている。

 

いちばんハードでテンションの上がるパートが曲の始まりの部分という良いのか悪いのかちょっと悩む曲になっており、最初のハードな部分で惹かれた人はもしかしたらちょっと物足りなく感じるかもしれない。実は自分も最初はそうだった。しかし何回も聴いているうちにトラップなハードの曲という印象からK-Popアイドルの曲というイメージに変わっていったことで物足りなく感じていた部分が解消されていった。なのでちょっと物足りなく感じた人は何回も聴きましょう笑。ちなみにカップリングのPaydayもトラップの要素があり、一貫性のある内容となっている。次にリリースする曲でもトラップベースでいくのかが注目だ。せっかくなので日本人メンバーであるソラのFancamを貼っておきます。高校生ぐらいの年齢の子がハードなtラップのビートで踊っている姿は面白い。トラックがハードなだけで衣装とかはがっつりアイドル。

 

www.youtube.com

 

woo!ah! - woo!ah!

 

 

 

NATTY - NINETEEN

 

www.youtube.com

 

ついにナッティがデビューした!おめでとう!SIXTEENで存在を知り、アイドル学校にも出演していたがデビューすることはなかった。そんなナッティがNINETEENをリリース。しかも曲がかっこいい。この曲もトラップが用いられていてヒップホップを感じる部分はあるが、曲全体を聴くとキャッチーで爽快感のあるK-Popの曲。サビのベースが印象的でその部分のメロディーがすごく耳に残る。意外とこういう曲ってK-PopではないのでナッティのNINETEENが支持されれば、こういった曲が増えるかもしれない。日本はバンドの国なのでこの曲は受けがいいかも?

 

NINETEEN - NATTY

 

 

 

MOON - 2NIGHT Feat. Vince

 

www.youtube.com

 

個人的に好きなMOONとVinceのコラボということでチェックせずにはいられない1曲。MOON目線で考えるとMOONらしい曲となっている。それに対してVince目線で考えると今までの曲に比べてキャッチーで歌モノなのはいつも通りだが、曲としての印象は全く違う。なのでそういった部分ではすごく新鮮。夜のドライブで聴くのが良さそうな雰囲気。いいスピード感。

 

2NIGHT (feat. Vince) - MOON

 

 

 

OnlyOneOf - designer

 

www.youtube.com

 

アルバムの全曲をヒップホップのプロデューサーが手掛けるという、とんでもなく珍しいことをして楽しませてくれたOnlyOneOfのアルバムからいちばんお気に入りのdesignerを紹介。この曲はSik-Kなどの曲を手がけていることで有名なBOYCOLDが作曲。他の曲ではGRAYやCha Cha Maloneが参加しており、アイドルとヒップホップの新しい関わり方を見せてくれた。この曲が収録されているアルバム『Produced by [ ], Pt. 1』についてブログにまとめたので、気になった方はぜひ見てみてください!

 

leggodesu.hatenablog.com

 

Designer - OnlyOneOf

 

 

 

Crush - Mayday Feat. Joy of Red Velvet

 

www.youtube.com

 

最後に紹介するのは5月のMVPとなるCrushとジョイによるMayday。アイドルとヒップホップの組み合わせが目立っていた5月の中でも圧倒的に目立っていたと思うCrushとRed Velvetのジョイによるコラボ。Crushらしいトラップベースの歌モノの曲に参加するという、Red Velvetでは見ることがなかったジョイの姿を楽しめる。MVのいい意味で安っぽく、それが曲の雰囲気ともマッチしていてめちゃくちゃかっこいい。曲単体でもMVと一緒に楽しんでも最高なMayday。圧倒的にお気に入り。この曲に関するブログも書いたので、詳しい感想についてはそちらをどうぞ!

 

leggodesu.hatenablog.com

 

Mayday (feat. JOY) - Crush

 

 

 

 

5月のお気に入りK-Popはここまで。本当にヒップホップをベースとしたK-Popの曲ばっかりになってしまった。それぐらいアイドルとヒップホップの組み合わせが目立っていた。男性グループで聴きまくったという曲がなかったのが残念だったけど、6月はここ数年でトップのカムバックラッシュになるので、そちらを期待しましょう!最後に番外編でお気に入りを紹介します。こちらのルールも初回のブログに書いてあります。

 

 

 

番外編お気に入りソング

 

fromis_9 - DKDK

 

www.youtube.com

 

5月に自分の中で評価がありえないぐらい上がったグループとなったfromis_9。以前から好きでYouTubeのチャンネルも登録して動画もたまに見ていた。ただ最後に曲をリリースしてからかなり経ったし、自分の中で注目度が下がっていた。それでもやっぱり結構好きだったので今年日本で行われる予定だったイベントに行くつもりだったがコロナによりキャンセル。残念だったな〜と思いながら以前見たfromis_9のチャンネルで配信している動画を久しぶりに見たら面白く、意味のわからないタイミングでめちゃくちゃハマることに笑。毎週3本ぐらいの動画を投稿し、コンテンツ中毒な現代人にとって最高はfromis_9のチャンネル。しかも5月はちょうどChannel_9の新シリーズが配信されていて、タイミングも最高だった。曲もかっこよくてLOVE BOMBで一般層にも受けたイメージだけど、それ以前の曲もかっこいい。アイドル感強めで食わず嫌いになっている人もいるかもしれないが、個人的には以前の曲の方が好きな曲が多い。見た目は昔のアイドル感強めより、今のスタイルの方が圧倒的に好きだけどね笑。

 

去年タワレコでfromis_9がイベントをやってグループで写真が撮れるというのを知っていたけどスルーした。今なら絶対行くね笑。fromis_9がデビューしたときからずっとセロムを推していたけど、いろんな番組を見ていたら順位もめちゃくちゃ変わった。今はギュリ推しで、続いてジウォン、ハヨンとなっている。ソヨンも好きだし、というか誰でもいいと思えてしまうぐらい好きになってきた笑。みんな個性があって面白いし、YouTubeチャンネルはK-Popアイドルの中でトップクラスの充実っぷり。曲もかっこいい。今まであまりチャックしていなかった人は注目してみて!

 

Pitapat (Dkdk) - fromis_9

 

 

 

結構好きなグループという位置付けから、がっつり好きという位置付けに変わったfromis_9。その勢いでfromis_9のお気に入りの曲でプレイリストも作ってしまったのでリンク貼っておきます笑。他のグループの曲もプレイリストにしていたりするのでよければどうぞ!

 

 

geo.music.apple.com

 

 

宇多田ヒカル - Time

 

Time - 宇多田ヒカル

 

 

さっきまでK-Popでヒップホップだ!とかトラップだ!とか言っていたが、日本のJ-Popでもトラップの流れはもちろん来ている。宇多田ヒカルの新曲『Time』では途中からビートが変化し、本格的なトラップビートへ変化する。世界的には当たり前になっているヒップホップやトラップ。アメリカではいちばん聴かれているジャンルが数年前にロックからヒップホップに変わった。それぐらい当たり前だけど、日本ではまだまだ認知されていない。そしてヒップホップがいちばん人気になることなんて絶対ない笑。でも日本でトップクラスのアーティストは以前から取り入れている。それでもやっぱり流行ることはないだろう。

 

 

 

www.youtube.com

 

世間の評価は普通って感じだったけど、個人的にはかなりお気に入りだったNAVの新しいアルバム『Good Intentions』からYoung Thugとの曲。MVがある中からいちばん好きな曲を選んだのでNo Debateを張ったが、特定の曲というよりはアルバムが好き。なのでアルバムのリンクも貼っておきます。結構スラスラ聴けるので運動中や作業中なんかにオススメ。

 

Good Intentions - NAV

 

 

 

Lucki - Faith

 

www.youtube.com

 

続いてLuckiのFaith。こちらもNAVと同じくこの曲がというよりアルバム『Almost There』が好き。NAVがR&Bで5月のMVP。LuckiがヒップホップでのMVP。なんかわからないけどLuckiって個人的に好きなんだよね〜。ビートのセレクトが自分の好みに合うのかな?というわけでLuckiもアルバムのリンクを貼っておきます。

 

Almost There - Lucki

 

 

 

Mall Boyz(Tohji, gummyboy) - Higher

 

www.youtube.com

 

とあるリアクション動画を見て以降、久しぶりに聴いているこの曲。どのリアクション動画かわかった人いるかな?

 

Higher - Mall Boyz, Tohji & gummyboy

 

 

 

eill - FAKE LOVE/

 

www.youtube.com

 

J-Popの曲だ!と感じる最初の部分や、ドラマの主題歌かな?と思ってしまうようなサビ。それに対してJ-Popらしくないトラップのビート。部分的にトラップを取り入れている部分もある。どう考えたってJ-Popの曲なんだけど、よくあるJ-Popとは違う曲でかっこいい。世界的な流れを直接取り入れるのではなく、自分のスタイルで昇華して取り入れるのはめちゃくちゃかっこいい。こういう取り入れ方はK-Popにも通じるものを感じる。トラップビートのハイハットとかもよくあるものとは違うし、eill自身がかなりの音楽好きなのでは?と感じる。もしかしたら日本の女性アーティストの中でいちばん好きかも?

 

FAKE LOVE/ - eill

 

 

 

G-Eazy - Free Porn, Cheap Drugs

 

www.youtube.com

 

久しぶりにG-Eazyの曲聴いたらめちゃくちゃかっこよかった笑。こういうスタイルの似合うじゃん!ヒップホップしているイメージしかない人はぜひ聴いてみて。

 

Free Porn Cheap Drugs - G-イージー

 

 

 

Ralph - Back Seat

 

Back Seat - ralph

 

 

UK Garageや2stepを取り入れた日本のヒップホップ。太いラップといきなり乗れるビートの組み合わせが最高。最近ここらへんのジャンルを取り入れる日本のラッパーがちょくちょく出てきたけど、もっと増えていかないかな〜。K-PopでもUK Garage取り入れているグループが出てきているし、アジアでこの波来る?

 

 

 

番外編はこれにて終了です。まさかのヒップホップやトラップの要素を取り入れていない曲がないというリストになりました笑。G-Eazyがいちばん薄い気がするぐらいのレベル。fromis_9のDKDKでさえトラップが取り入れられている。みなさんの予想以上にヒップホップは浸透しています。Lil Wayneのラザニアみたくひっそりと。ではまた!

 

 

 

・My Twitter

https://twitter.com/leggodesublog