LEGGOですブログ | K-POPを主観100%で語る

ヒップホップ好きが気づいた時にはK-Popに夢中になっていた件。

WJSN CHOCOMEのHmph!で普段は見れないWJSNのスタイルを楽しもう

WJSN初となるユニット『CHOCOME』誕生

 

2016年2月25日にWJSN(宇宙少女、우주소녀、Cosmic Girls)がデビュー。そろそろ中堅という部類に入るかな?という宇宙少女から遂に初のユニットが誕生。WJSN CHOCOMEという名前で4人組のグループがファーストシングル『Hmph!』をリリースした。

 

WJSNって13人組と人数も多いし、Wonder、Joy、Sweet、Natunalって括りもあるから既にユニットでCDを出していてもおかしくない。なのでCHOCOMEがデビュー後初のユニットっていうのは意外といえば意外。

 

 

 

 

メンバーはスビン、ルダ、ヨルム、ダヨンの4人

 

 WJSN自体はみなさんご存知だと思うが、CHOCOMEは初のユニットとなるしデビューしたばかりなので参加しているメンバーについて軽く紹介しようと思う。

 

f:id:leggodesu:20201008162950j:plain

©︎STARSHIP ENT all rights Reserved. | Photo by Twitter(@WJSN_Cosmic)

 

メンバーはこちらの韓国人4人組で左から順にスビン、ヨルム、ダヨン、ルダ。CHOCOME(チョコミ)という名前は小さくて可愛いという意味で、実際にWJSNの背が低いメンバーたちが集まっている。いちばん背が低いのはルダ。ちなみにWJSNの自分の推しはヨルム。今回のユニットに参加することになって嬉しい。

 

 

今さらWJSNのメンバーたちについて細かく紹介するのもあれなので、早速WJSN CHOCOMEのHmph!を紹介しようと思う。人数多いし、WJSNのことあまり知らない!という人のために一応Wikipediaのリンクを貼っておくので、詳しく知りたい人はそちらからぜひ!個人的に日本ではWJSNのメンバーの中だと中国人メンバーであるソンソが圧倒的に有名な印象がある。

 

ja.wikipedia.org

 

 

 

WJSN CHOCOME - Hmph!

 

f:id:leggodesu:20201008165357j:plain

©︎STARSHIP ENT all rights Reserved. | Photo by Twitter(@WJSN_Cosmic)
 

今回はファーストシングルアルバムという形式なので曲数は少なく2曲入り。タイトル曲はアルバム名にもなっているHmph!。というわけで1曲目から順にチェックしていこう。

 

 

1. WJSN CHOCOME - Hmph!

 

www.youtube.com

 

めちゃくちゃいいよね。初めて聴いたときからすごく好き。この曲調だったらこういうMVだよね!と連想したものが全部出ている。求めたものを全部提供してくれている感じ。衣装もセットもエフェクトも全部可愛い。この表現にしっくりしてもらえるかわからないけど、すごく気持ちのいい曲。痒い所に手が届く系の気持ちよさ。ほしいものが要素が全部出てくる。ダヨンがロージー・ザ・リベッター的なファッションをしているルックの組み合わせのところだけ若干スタイリングの個体差があるが、基本衣装はみんなお揃い。それもユニット感強くて可愛い。

 

曲自体も気持ちいいという感想がぴったりな気がする。最近のK-Popではなかなか見られないスタイルで、先日ブログで紹介したcignatureのアルバム『Listen and Speak』を直球K-Popと自分は表現したが、またそれとは違った直球K-Pop感を楽しむことできる。こういうスタイルのK-Popは文化として完全に根付いているが、最近ではほぼなくなっていた。そのクラシックなK-Popのスタイルを2020年に再解釈して提供してくれるWJSN CHOCOMEは最高。気分転換に抜群。ほんと気持ちいいタイミングで出してきてくれる。

 

leggodesu.hatenablog.com

 

 

www.youtube.com

ほんとWJSN CHOCOMEは現代版のORANGE CARAMELって感じ。ORANGE CARAMEL 2.0である。ただ曲のジャンルは同じでも当時の曲を真似ているわけではなく、あくまでも2020年の曲であるのが最高。比較して聴いてみると、ちゃんとORANGE CARAMELが古く感じるのがすごい。しっかり現代のスタイルにフィットしている。だからこそ気持ちよく聴けるのだ。ORANGE CARAMELで表現したけど、比較的最近の曲で表すとMOMOLANDのThumbs Upと同じ系統。

ってかWJSN関係ないけど、当時のメイクなのに今でもこのナナが可愛く感じるのってすごいよね!

 

 

www.youtube.com

ダンスもいいのよね。めちゃくちゃキャッチーで曲のテンションとぴったりだし、メインとなるサビの部分で誰でも真似ができるダンスを投入してくる感じ。MOMOLANDみたいな簡単に真似できる上にやりたくなる系のダンス。キャッチーなリズムにキャッチーな振り。さっきから気持ちいい曲と表現している意味がわかってもらえるようになってきたのでは?

 

 

Listen on Apple Music

あとこの曲がWJSNってのもいい。ここ最近のWJSNの曲の印象って自分の中ではドラマチックだった。Boogie Upを除いたDreams Come True以降のタイトル曲はどれもドラマチックって印象だったし、自分がWJSNの曲の中でいちばん好きなFull Moonもトラップ色が強かったりするけど、完全にドラマチックな印象なんだよね。そんなグループがぶっちぎりでキャッチーなK-Popラシックスタイルの曲をリリースするって面白い。ユニットだからこそできる遊びをものすごく感じることができる。そういった意味でこのWJSN CHOCOMEというグループは2曲しかリリースしていないので決めるのは早いと思うが、このノリのグループにしたのは大成功では?と個人的には思う。みなさんの感想はどうでしたか?

Full Moonまじで最高なので、聴いたことない人はぜひ上の再生ボタン押してみて!ダウォン が作曲に参加しているのだけど恐ろしい子。もっとやってほしい。

 

Listen on Apple Music

 

 

2. WJSN CHOCOME - Ya Ya Ya

 

Listen on Apple Music

 

2曲目はYa Ya Ya。この曲はBaby V.O.XというK-Popの第一世代ガールズグループが1998年にリリースした曲のリメイク。現代版としてCHOCOMEのスタイルで披露している。

 

www.youtube.com

ちなみにオリジナルはこちら。昔のものなのでYouTubeに公式がアップしているわけでもないし、音質も画質もあれなのはご愛嬌。聴き比べるとCHOCOMEのものとは全く違う印象。1998年と2020年の音楽の違いを楽しめる。

 

 

www.youtube.com

ちなみにTWICEもYayayaを披露したことがある。まあTWICEはカバーでWJSNはリメイクなので2組のテイストは正確に言うと違うのだけど。こういう風に今のK-Popリスナーが知らない曲を現代のアイドルが披露するのはいいよね。知らないものを知る機会になるし、業界内でのリスペクトも感じられる。

 

 

 

 

ユニットならではの遊びを感じられるWJSN CHOCOME

 

というわけで今回は以上です。1曲目のHmph!は普段のWJSNとは違う路線のスタイルを披露。2曲目のYa Ya Yaは過去の曲をリメイクするという実験。2曲ともWJSNとしては珍しいスタイルの曲だった。やっぱりこれはWJSN本体ではなく、WJSN CHOCOMEというユニットの曲だからという部分が大きいだろう。ユニットだからこそ新しい挑戦や実験が可能。そういった利点を生かしたWJSN CHOCOMEはこれからも活動を続けて、WJSNとは違った一面をこれからもどんどん披露していってもらいたい。

 

 

最後に今回のファーストシングルアルバムの全体のリンクを貼っておきます。あと必見のボーナス情報も書いておきます。ではまた!

 

Listen on Apple Music

geo.music.apple.com

 

 

 

タワレコでオンラインサイン会決定!

 

 

tower.jp

 

タワーレコードでWJSN CHOCOMEのHmph!を購入すると抽選でオンラインサイン会に参加できるみたいです。1枚購入するごとに1回応募できて、応募期間は10月16日から11月3日まで。イベント開催日は11月15日みたいです。詳しくは上のリンクから確認することができるので、WJSNファンの方はぜひチェックしてみてください。

 

 

 

・My Twitter

twitter.com

 

Apple MusicでK-Popをメインにプレイリストを公開しているので、よければぜひ聴いてみてください!

apple.co