LEGGOですブログ | K-POPを主観100%で語る

ヒップホップ好きが気づいた時にはK-Popに夢中になっていた件。

10月のお気に入りK-Pop。男性グループの曲がめちゃくちゃアツい

10月のお気に入りK-Pop

 

様々なグループがカムバックを果たした10月。そんな1ヶ月間のお気に入りのK-Popを中心に今回は紹介していこうと思います。 この企画は毎月行っているものでルールは初回のブログに書いてあるのでそれのリンクと、前回分に当たる9月のお気に入りのブログのリンクを貼っておきます。

 

leggodesu.hatenablog.com

 

leggodesu.hatenablog.com

 

 

というわけで前置きは抜きにして早速始めていきましょう!

 

 

 

 

BLACKPINK - Lovesick Girls

 

www.youtube.com

 

まずは10月のカムバの先陣を飾ったBLACKPINKから。THE ALBUMがリリースされたときはLove To Hate Meがいちばんで次にPretty Savage、3番目にLovesick Girlsという順番で好きだったが、今はLovesick Girlsがいちばん好き。K-Popというよりはどっちかというとポップスという雰囲気の曲だが、それが逆に自分的にはまった。スタイル的にちょっと前のポップスって感じがするけど、それがいい意味で今の曲のトレンドと違って無性に聴きたくなるときがある。ちょっと前の雰囲気があると言ったが、ちゃんと2020年の曲なので他の曲とも相性が良く自然に聴けるのもポイント。今までのBLACKPINKの曲のダンスを自らサンプリングしてる感じもいい。

 

leggodesu.hatenablog.com

 

Listen on Apple Music

geo.music.apple.com

 

 

WJSN Chocome - Hmph!

 

www.youtube.com

 

先ほどのBLACKPINKがK-Popのメインのトレンドと違うことで逆に無性に聴きたくなるという話だったが、このWJSN ChocomeのHmph!もそれに当てはまる。ある種のこれぞK-Pop!というクラシックなスタイルの曲で、決してリピートして聴きたい!とか毎日聴いている!というタイプのジャンルではない。ただ無性に聴きたくなるタイミングがある。そういうタイプの曲。衣装もダンスもパフォーマンスも可愛いので、曲をイヤホンで聴くのもYouTubeで歌番組を見るのも、SNSで見るのも楽しめる1曲。

 

leggodesu.hatenablog.com

 

Listen on Apple Music

geo.music.apple.com

 

 

Weki Meki - COOL

 

www.youtube.com

 

ほんと最近のWeki Mekiは当たりが多くて嬉しい。ドヨンは相変わらず安定してる。I.O.Iだったメンバーがインスタのストーリーとかでユジョンやドヨンを今でもサポートしているのもいい。

 

leggodesu.hatenablog.com

 

Listen on Apple Music

geo.music.apple.com

 

 

DAWN - DAWNDIDIDAWN Feat. Jessi

 

www.youtube.com

 

00年代+現代のヒップホップにK-Popをミックスしたような曲。テンションが上がる系のいい意味でわかりやすい曲。アイドルからアーティストになったイドンの姿を楽しむことができる。P NATIONの勢いも感じられるし。

 

leggodesu.hatenablog.com

 

Listen on Apple Music

geo.music.apple.com

 

 

NCT U - From Home

 

www.youtube.com

 

ずっと思ってたんだよね。こんなに国際色豊かになったんだから自分の国の言葉を各自が歌うK-Popの曲があってもいいんじゃないの?って。そしてついにNCTが自分の希望を実現してくれた!K-Popのグループの中でもメンバーがトップクラスで国際的なNCTがそれを実現。ベースは韓国語だけど、途中で外国人メンバーが自分の国の言葉で歌うバースがある。ユウタがいるのでもちろん日本語の歌詞もあり。個人的にはグループの挨拶的な曲(iKONのRHYTHM TA的な)で実現してほしいと思っていたけど、From Homeといういかにも自分のルーツとかをレペゼンしてそうな雰囲気の名前の曲でしたのも結構いい感じだった。自分の国で歌っているという部分が注目されがちだが、普通に曲としてもいい歌モノ。10月のMVP候補の1つ。

 

さらに日本人的には見逃せない話題であるショウタロウがNCTに加入。この曲が収録されているアルバム『NCT RESONANCE Pt. 1』自体もものすごくかっこよかった。全編韓国語のバージョンもあるので、下のリンクはあえて韓国語のFrom Homeを貼っておく。

 

Listen on Apple Music

geo.music.apple.com

 

 

TOMORROW X TOGETHER - Blue Hour

 

www.youtube.com

 

もう1組の10月のMVP候補である男性グループの曲を紹介。とにかく綺麗なビートでTXTのメンバーたちとの相性も抜群。個人的にTOMORROW X TOGETHERのこれまでの曲の中でいちばん好き。1曲目のGhostingもかなり好きで始めてアルバムを聴いたときはこっちの曲の方が好きだったが、今はBlue Hourの方が好き。綺麗なビートは女性グループの方が似合いそうな気がするけど、Blue HourのビートはTXTで本当によかったと思う。

 

leggodesu.hatenablog.com

 

Listen on Apple Music

geo.music.apple.com

 

 

TWICE - SAY SOMETHING

 

Listen on Apple Music

geo.music.apple.com

 

近年K-Pop界で結構支持されているシティポップ。TWICEの最新アルバム『Eyes wide open』に収録されているSAY SOMETHINGは現在のK-Pop界でトップを走っているTWICEが表現したシティポップの曲。シティポップの雰囲気を全体的に出しつつもR&Bっぽい雰囲気もミックスしていて、程よく聴きやすくなっている。TWICEというK-Popの象徴の曲だからこそのキャッチーさがそういう部分に出ていると思う。日本人のYUKIKAが韓国でシティポップのアルバムを出したということがかなり話題になったが、TWICEのモモ、サナ、ミナと日本人がいるのでYUKIKAと同様に不思議な状態になっているのも面白い。曲の長さが4分を超えているのも珍しく、そういう部分でもシティポップを意識していると思う。アルバムの中でいちばん好きな曲だった。

 

 

JBJ95 - SEOULITE

 

Listen on Apple Music

geo.music.apple.com

 

こちらも若干のシティポップを感じられる1曲。まあベースはがっつりニュージャックスウィングなんだけど、さっきのTWICEのSAY SOMETHINGと同じようにシティポップとかR&Bみたいな雰囲気も感じられる気がする。TXTのBlue Hourとは全く違うけどSEOULITEも綺麗なビートという表現ができると思う。ニュージャックスウィングでありながら80年代や90年代のスタイルという印象がない面白い曲

 

 

LOONA - Why Not?

 

www.youtube.com

 

初めて聴いたときは正直普通って感じだった。Voiceや英語バージョンとなるStarがお気に入りだった。ただWhy Not?はタイトル曲ということもあり、バラエティや歌番組でも披露する機会が多いのでイヤホンで聴こうと思わなくても聴いてしまう。すると不思議なことにちょっとずつ好きになってきた。まあ聴く機会が多いから慣れてきただけかもしれないが。前回のSo Whatのときも同じで、アルバム全体で見るとB面の曲の方が好きだったが最終的にはSo Whatの方が聴く機会が多くなっていた。聴いていたら慣れてくるのは以前よりのLOONAの曲がキャッチーで誰でも聴きやすくなったからだろう。イスマンよりも圧倒的にビョンギ派な自分だけど、こういう部分は認めないといけない。ただ普段聴いているLOONAの曲はMonoTreeなどビョンギ時代の人たちが作曲した作品ばっかりなので、まだイスマン時代のLOONAの曲に対する自分の評価はぶっちゃけ怪しい。ただ知名度が上がって番組に出る機会が多くなり、様々な動画がアップされている現状自体はめちゃくちゃ嬉しい。

 

leggodesu.hatenablog.com

 

Listen on Apple Music

geo.music.apple.com

 

 

CL - +5 STAR+

 

Listen on Apple Music

geo.music.apple.com

 

2020年にCL?2NE1?って思った人も多いだろう。申し訳ないが自分もそうだった。ただ曲を聴いた瞬間、自分の考えが間違いだったと気付かされた。めちゃくちゃかっこいいんだよね。2NE1というかYGのイメージがあるため、CLといえばヒップホップという印象がある。+5 STAR+もそんなイメージ通り、ヒップホップというかトラップベースの歌モノで2020年らしいヒップホップの曲。そんなイメージ通りのトラックで歌うCLはもちろん相性抜群。予想通り直球のCLといえば直球なんだけど時速160kmって感じ。2020年だし今だと145キロぐらいのストレート投げてくるかな?と舐めてたら、ゴリゴリの豪速球だった感じ。直球だけど直球のクオリティがめちゃくちゃ高い系。予想通りの範疇で予想を超えてきたパターン。

 

近いうちにMVもリリースされるっぽいので、もしかしたらそのタイミングでブログを書くかも?後出しでもいいから紹介しよう!と思えるぐらい好き。10月のMVP候補。同じくシングルとして収録されている+HWA+も結構いい。こちらはすでにMVがリリースされている。

 

 

 

というわけで10月のお気に入りK-Popは以上です。K-Popに限らずJ-Popやヒップホップでもそうだけど、 同じジャンルでも男女によって曲の雰囲気って変わってくるじゃない?そんなこともあって自分はK-Popだと女性アーティストの曲の方が圧倒的に好きなものが多い。 男性の曲もかなり聴いているけど、ブログで紹介しているグループが女性メインになっているのはこのため。しかし10月に関しては男性グループの曲を結構聴いた気がする。回数で考えるともちろん女性グループの方が圧倒的に多いのだが、曲数で考えると普段と比率が全く違ったと思う。SEVENTEENやPENTAGON、VERIVERY、CIX、Locoなど触れていないアーティストたちも新曲をリリースしてたし。

 

そんなこともあって10月のMVP候補はNCT U、TOMORROW X TOGETHER、CLということで半分以上が男性。自分にとっては本当に珍しい。そんな3組から決める10月のMVPは TOMORROW X TOGETHERのBlue Hourです。From Homeの各自がレペゼンするスタイルの自分が待ち望んでいた姿だし、CLもめちゃくちゃ好きだった。でもやっぱりBlue Hourがいちばん食らった。NCTならやりそうだし、CLはスタイル的には予想通り。それに対してTOMORROW X TOGETHERは完全にノーマークだった。とりあえず的な感じでチェックしたらがっつり好みの曲。やっぱり想像といい意味で違うとインパクト強いよね。

9月はVAVだったし、男性グループが連続してMVPって個人的には本当に珍しい。

 

 

今回は以上です。この後も番外編をいつも通り書いていくのでよければ見てみてください!

 

 

 

番外編お気に入りソング

 

続いて番外編です。ここでは10月のK-Pop以外のお気に入りや以前にリリースされたK-Popだけど10月にやたら聴いた曲を紹介していきます。

 

 

fromis_9 - Weather

 

www.youtube.com

 

Feel Good (SECRET CODE)とMulgogiもお気に入りだけど、最近はMy Little Societyの中でWeatherが好き。ここで挙げた3曲とも現在ではMVなどのビデオが作られている。この動画のハヨンがめちゃくちゃ幼く見える。プロミのことを知らない人が見たらマンネだと思われそうなぐらい。衣装と髪色と演技とすべての方向から幼く見える力が作用している。

 

f:id:leggodesu:20201105141435j:plain

UNIVERSAL MUSIC STOREで販売された日本限定の特典、自分のサイン入りチェキのトレカはハヨンでした。1人につき20種類の全160種類あるトレカ。絵柄を全て見るだけでも難しいし、サインにも個体差があるだろう。かなり運任せの特典だけど個人的には面白かった。誰のどんな絵柄なのか謎なのっていいよね。複数枚購入するのももちろんいいし、人と交換するのもいいけど運要素を楽しみたかったので1枚しか買わなかった。結構いい絵柄当たったと思う。
 

leggodesu.hatenablog.com

 

Listen on Apple Music

geo.music.apple.com

 

 

EVERGLOW - LA DI DA

 

www.youtube.com

 

やっぱり振り切ってるってすごい!先月末にリリースされたEVERGLOWのLA DI DAは今ももちろんお気に入り。10月にリリースされたTWICEのI CAN'T STOP MEもこの曲と同じレトロなスタイルで、ざっくりいうとEVERGLOWのLA DI DAと同じジャンルの曲だろう。しかしTWICEの場合はこれほど振り切っておらず、ちょうどいい塩梅でまとまっている。決してTWICEの曲が悪いというわけではない。振り切らずにキャッチーさをキープしたまま誰でも聴きやすい範囲で留めるのもすごいこと。TWICEというK-Popを代表する地位にいるアイドルとしては当然のこと。それに対してEVERGLOWはデビュー当時からアグレッシブでどのジャンルをやるにも振り切っていた。それがEVERGLOWの面白い部分。LA DI DAは今までのトラップメインのスタイルの曲とは違うけど、らしさ全開で本当に好き。トップクラスを目指すならEVERGLOWはTWICEやRed Velvetのような流れではなく、MAMAMOOのような道を目指すことになるだろう。

 

LA DI DAのことしか書いてないけど、-77.82X-78.29というアルバム全体としてもものすごく好き。今までのEVERGLOWのEPの中で個人的にいちばん。あと動画を貼ったハロウィンのやつ、ほんとコスプレのセンスめちゃくちゃある。全員がものすごく似合っていて、誰にどのキャラクターを着せるか選んだ人のセンスが恐ろしい。お気に入りはシヒョンのレイとミアのキャプテン・マーベル

 

leggodesu.hatenablog.com

 

Listen on Apple Music

geo.music.apple.com

 

 

tobi lou - Student Loans

 

www.youtube.com

 

トラックもいいし、歌うようにラップしていくフロウもいい。とにかく聴きやすくて楽しめる1曲。2:05なのでめちゃくちゃサクッと聴けて楽しみやすい作品。

 

Listen on Apple Music

geo.music.apple.com

 

 

21 Savage & Metro Boomin - Mr. Right Now Feat. Drake

 

Listen on Apple Music

geo.music.apple.com

  

帰ってきた21 SavageとMetro Boominのコンビ。客演にDrakeってなんかちょっと避けてしまいがちだが、この曲は普通にかっこいい。この曲もかなり聴きやすい1曲。

 

 

Sik-K, BIG Naughty, Woodie Gochild & HAON - DDDD Freestyle

 

www.youtube.com

 

リリースされたときは普通って感じだったけど、なぜか今になって好きになってきた。理由は不明。A$AP MobのFeels So Goodをちょっとだけ思い出してしまうのは内緒。Sik-Kは元気してるかな?

 

Listen on Apple Music

geo.music.apple.com

 

 

Quin NFN - All Blues

 

www.youtube.com

 

アルバム『QUINCHO』をリリースしたのは今年の3月末と結構前なんだけど、こちらも何故か最近よく聴いている。All Bluesをピックアップして紹介しているけど、この曲というよりアルバムで聴いている感じ。すでにアルバムリリース後に新しい曲も出しているのだけど、聴いてなかった人はよければQUINCHOもどうぞ。

 

K-Popってもう2000年代に生まれた人がいっぱい活躍しているじゃない?LOONAも半分以上そうだし、Weeeklyみたいな新人グループは完全に2000年以降に生まれた人のみ。それは単純にK-Pop界が若いだけでなく、ヒップホップ界でも同じ。Quin NFNは2001年生まれ。意識してない内に自分が聴いているアーティストたちも世代交代してるんだね。まあ普通に以前から聴いていた人たちも聴いてるから、世代交代というより守備範囲が広がり続けているって感じだけど。

 

Listen on Apple Music

geo.music.apple.com

 

 

ITZY - THAT'S A NO NO

 

Listen on Apple Music

geo.music.apple.com

 

ITZYの曲の中でTHAT'S A NO NOがいちばん好きって人います?自分はそうなんだけど、他の人が言っているところ正直聴いたことがない笑。好きって人はいたとしても、いちばんという人は本当に少ないと思う。そもそも目立ってないし笑。でもやっぱこの曲の2番の出だし、リュジンのバースが最高なんだよね。リュジンもビートもTravis Scottに変身するとこ。あれがいちばん盛り上がる。

 

 

f:id:leggodesu:20201105151309j:plain

f:id:leggodesu:20201105151312j:plain

最近ITZYをすごく聴いている理由はこれ。韓国観光公社の宣伝用のポスターが街のバス停などに貼られている。それがITZYなんだよね。家の近所にリュジンのポスターがあって、ある日から急に毎日のようにリュジンとアニョハセヨするようになった笑。そしたらポスターの前を通るしITZYでも聴こかな?という気分になってきて、知らぬ間にちょっとしたルーティーンになってきた笑。ちなみにこのポスターは11月18日までみたい。リアはなくて全部で4種類。調べたら貼られている場所が公式にアナウンスされているんだけど、そういうのは一切使わずに偶然のみで4種類全ての写真を撮ろう!というイベントを勝手に1人でやっている。今のところ撮れたのはリュジンとイェジのみ。他のメンバーも見かけたけど反対側の道路だったり、深夜ですごく暗かったみたいなパターンもあった。行く道を変えたりせず、本当の偶然のみでちゃんとした写真を18日まで撮れるのか?誰も注目していない自分だけの謎の挑戦を楽しみたい笑。「ITZY ポスター」みたいな感じでツイッターで検索したら、どこにあるかの一覧が出てくるので気になる方はそちらからどうぞ。

 

apple.co

そんなわけで最近結構ITZYのテンションになるので、Apple Musicでお気に入りのITZYの曲のみでプレイリストを作ってみた。せっかくだからリンクを貼っておきます。よければどうぞ!

 

 

Ty Dolla $ign - Featuring Ty Dolla $ign

 

Listen on Apple Music

geo.music.apple.com

 

最後は曲ではなくアルバムを紹介。客演でお馴染みのTy Dolla $ignが自分自身を皮肉ったようなFeaturing Ty Dolla $ignというタイトルが印象的。久しぶりに客演ではなく本人の曲を聴いた気がするけど、めちゃくちゃ良かった。家でBGMとして流すのにもぴったり。しっかり聴いてもよし。K-Pop好きの人でもヒップホップ好きの人でもR&B好きの人でも好きになれる作品だと思う。

 

 

 

というわけで番外編は以上です。こうやってまとめてみるとジャンルとしては少ないけど、曲自体の雰囲気としては幅広かったかな?と思う10月でした。みなさんの好きな曲は何でしたか?11月のお気に入りで会いましょう。ではまた!

 

・My Twitter

twitter.com

 

Apple MusicでK-Popをメインにプレイリストを公開しているので、よければぜひ聴いてみてください!

apple.co