LEGGOですブログ | K-POPを主観100%で語る

ヒップホップ好きが気づいた時にはK-Popに夢中になっていた件。

こんな時代だけどITZY in Koreaを見て、ITZYと韓国安東を旅しよう!

ITZYの旅番組が再び!今回は韓国の安東へ

 

 

 

K-Popの若手グループの中で1つ頭が抜けた存在であるITZY。個人としてはもちろんグループとしての人気も抜群にあるため、様々な番組がカムバック期間中以外のアップされ続けている。今回はそんな人気者のITZYの特別番組を1つ紹介しようと思う。

 

www.youtube.com

紹介する番組はITZY in Korea。その名の通りITZYが韓国のとある観光地を訪れる番組。今回ITZYは韓国の安東(Andong)に向かいます。公開しているのはM2。このチャンネルはMnetのデジタルチャンネルで1つのアイドルグループにフォーカスしたコンテンツを数多く提供している。もちろん以前からITZYはM2の番組に出演しており、今回のITZY in Koreaというタイトルを見て思い出す番組がMIDZYにはあるはずだ。それがParis et ITZY。今年2月にスタートした番組でルイヴィトンのファッションショーに参加するためパリを訪れた際に撮影した番組で、今年3月にリリースしたアルバム『IT'z ME』に合わせて毎週公開されていた。

 

www.youtube.com

このParis et ITZYは自分の中ですごく大きいインパクトがあった。まずデビューして1年程度しか経っていないグループがルイヴィトンのショーに参加していることがすごい。BLACKPINKのようなファッションのイメージが強いグループならまだしも、ITZYというそこまでファッションアイコンになっていないグループが参加したというのはすごい。ファッションではなくITZYというグループとして注目度があるということだ。それに海外で番組ロケ。しかもヨーロッパ。ショーに参加するためにパリに行くしついでに撮影もしちゃおう!的な要素もあると思うが、それでもがっつり海外ロケができるということはすごい。それだけJYPもMnetも力を入れているってことだし、平均的な若手グループに使える予算の額は余裕で超えまくっていることだろう。アルバムリリース前のプロモーションでITZYの先輩にあたるTWICEも以前は毎回海外に行っていた。なのでITZYがやっていても不思議じゃないのだが、やっぱりタイミングが早い。Paris et ITZYはWANNABEより前の段階なんだぜ!すごいっしょ!

 

あとParis et ITZYの感想や番組で出てきたスポットやアイテム、アクティビティについて紹介するブログを毎週アップしていたという超個人的な思い入れもある。毎回行った場所を特定するためにめちゃくちゃ調べたし、Paris et ITZYのスタッフの次ぐらいに詳しいんじゃないかな?とか思う笑。なので様々なITZYの番組があるけど、現時点でいちばん記憶に残っているのはParis et ITZY。

今の時期はなかなか厳しいけどフランス旅行に行くMIDZYの人がいたら参考にどうぞ。現地に住んでいるITZYファンの方々もどうぞ。

 

LEGGOですブログ: Paris et ITZYのエピソード1が公開された!ITZYと行くパリ観光

  

 

f:id:leggodesu:20210222035904j:plain
そんな番組を作ったMnetとITZYが再び手を組んで旅番組を作ったとなると注目しないわけにはいかない!ということで今回はITZY in Koreaを紹介しようと思いました。ちなみに今回は韓国観光公社(KOREA TOURISM ORGANIZATION)とも手を組んでいます。ITZYは韓国観光公社の宣伝を行っており、それがきっかけで韓国の旅動画が作られることになったと。少し前までITZYの韓国観光公社のポスターが都内各地のバス停などに貼られていました。

 

 

というわけで前置きが長くなりましたが、今回はITZY in KOREAを見ていこうと思います!

 

 

 

 

ITZY in Korea

 

f:id:leggodesu:20210222035929j:plain
Photo by Twitter(@M2MPD)

 

Paris et ITZYを比較として出しましたが、続編という感じとはちょっと違います。Paris et ITZYは50分程度の番組を週1本リリースし、最終的にはアルバムの特典として旅で撮った写真で作ったフォトブックもリリースしました。ITZY in Koreaはそれの縮小版。何箇所も韓国を回るのではなく特定のスポットを観光します。それに20分弱の動画2本とボーナス動画で終了。あくまでも特番といった感じ。なのでParis et ITZYとは違い、1つのブログで全ての内容を網羅しようと思います。1時間かからず全ての動画を見ることができるのでMIDZYはもちろん、ITZYのライトなファンの方々にもおすすめです。英語字幕あり。

 

YouTube: M2

 

 

 

 

ITZY in Korea Ep.1

 

www.youtube.com

 

先に言っておくことが。もちろん動画の内容に触れていくのでネタバレが発生してしまいます。嫌な方はここから先の部分は動画をチャックした後にでもどうぞ。

 

 

先ほども述べた通り、今回ITZYが向かったのは韓国の安東市。自分は日本人でどこに安東があるのかわからなかったので地図を貼っておく。Andongが安東でソウルは北西の方角にある。ソウルから約3時間、釜山から約2時間半程度の場所ということで日本からでもぜ余裕で観光に行くことができる。

 

Paris et ITZYでは途中から感想とアクティビティを別々にして書いていったが、今回はエピソード自体が短いので動画に登場する順番で書いていこうと思う。ちょっと見にくいかもしれないけどご了承ください。

 

 

洛東江

 

Wikipedia: 洛東江

 

 

まず最初に紹介するのは洛東江。英語ではNakdong Riverで最初に登場する紅葉が綺麗なでっかい河川。チェリョンが紹介しているChen Guang Operations Squadronの場所についてはわからなかったので現地の人に動画でも見せてください笑。

 

 

Kingdom Friends

 

www.youtube.com

 

最初のシーンでイェジにリュジン、ユナが持っている謎のぬいぐるみの正体はKingdom Friendsという韓国観光公社のキャラクター。ITZYはイメージキャラクターをしているし、動画の制作にも韓国観光公社が関わっているということで登場するのは当たり前だよね!

 

www.youtube.com

ちょろっとCM撮って終わりとかじゃなくて、色々してくれているのはファン的には嬉しい限り。企業とがっつりって本当に人気のアイドルしかできないし、韓国の文化と音楽が交わるってのもいい。K-Popに興味を持った人が韓国という国自体にも興味を持つかもしれないし。コンテンツが増えることはいいことでしかない思っているから。

 

 

陶山書院

 

韓国旅行コネスト: 陶山書院


 

 

河辺を歩いて最初に到着したのが陶山書院(Donsanseowon)という書院で、旧1000ウォン札にも描かれている場所。2019年に世界遺産に指定された「韓国の書院」のうちの1つ。

 

 

www.youtube.com

世界遺産という歴史的な建築物とK-Popの中でもかなり現代的なスタイルのITZYが組み合わさっているのってなんか面白い。全然違うけどレクサスのLF-30 Electrifiedが白川郷に駐車されてるみたいな笑。

 

 

 

 

アイテムボックス投入

 

Kodak ファンセーバー

 

biccamera.rakuten.co.jp

 

今回も出てきました!アイテムボックス!本人たちも述べていた通りParis et ITZYと同じように今回の旅で使うアイテムを支給。カメラはもう定番のアイテム。kodakのファンセーバーはパリでも使っていたもので、日本でももちろん購入が可能。ITZYが使っていたカメラと同じもので写真を撮りたいという人はぜひ。楽天ビックカメラのリンクを貼っておいたけど、もちろん違うサイトでも買えるから参考程度にどうぞ。

 

 

しっかり読み上げるユナ

 

アイテムボックスの中に入っていたスクロールの中身を確認するとTo-Doリストが。それをユナが代表して読むのだけどめちゃくちゃ笑った。スクロールをしっかりと読み上げるユナ。ちゃんと正してから大きな声で読む。あまりにも読み上げるという言葉がぴったりな言い方だったので不意すぎて面白かった。こんなとこ注目する人おんのか?って感じだけど笑。リュジンが若干笑ってるけど、自分がもしITZYのメンバーでその場所にいたらしっかり笑ってしまいそう。

 

To-Doリストの中にカレンダー作りがあるのだけどちょっと期待してしまう笑。Paris et ITZYで撮った写真で作ったフォトブックはアルバムの特典になったし、韓国観光公社が絡んでるってことはプレゼントとか配ったりとか販売したりとか、、、、、韓国観光公社さんどうですか?

 

 

次のスポットとして安東湖にある月映橋などが映っていますが、登場シーンはEp.2がメインとなるので今回はパスします。

 

 

仮面のネックレス

 

アイテムボックスの中にあった謎の仮面のネックレスの正体は安東にある河回村の伝統舞踊『河回別神グッタルノリ』から来ているもの。リアとチェリョンがこの後のシーンで身につけています。お土産としても販売されているみたい。ちなみに安東河回村も世界遺産に登録されている。

 

にこまるツアー: 安東河回村

 

 

 

書芸の時間

 

続いてはITZYたちによる書芸の時間。書芸とは日本で言うところの書道。ここら辺の知識は自分にはないので詳しいことは書けません。気になる方は実際に調べてみてください。

 

ちなみにこれが今回のエピソードのメイン。陶山書院という伝統的な場所で文字を書くというのは乙なものですね。N-syllable acrostic poemsというのはよく韓国のアイドルがしているあいうえお作文的なやつ。マジでK-Popアイドル必須のスキルだよね笑。あれって一般の韓国人の子でもよくするの?それともアイドル定番なだけ?ただITZYの場合は少し違う。あいうえお作文のテーマがなかなか決まらずに自分たちの好きな言葉で行うことに笑。こういうのって同じテーマでやるから個性が出て比べられるのに、各自が好きな言葉でやっちゃうなんて笑。表現って制限がある中で行うのが表現の面白さと面白さだと思ってたけど、ITZYはルールすらぶち壊す笑。無理やりっぽい感じはするけどITZYの曲の内容にリンクしていると思いました笑。

 

この一風変わったあいうえお作文の結末がどうなったのか?ぜひ動画を実際に見てみてください!自分はチェリョンがお気に入り。ITZYであること、それに番組の趣旨、これを行なっているロケーション、全ての要素がバチッとハマってる上にレペゼン感もあって好き。捻りもなく置きにいっている感じはあるけど笑。

 

 

マンモスベーカリー

 

トリップアドバイザー: Mammoth Bakery (安東)

 

 

 

ITZYがパンを購入しているお店は安東の市街地にあるマンモスベーカリー。ミシュランで三ッ星を獲得しためちゃくちゃ有名なパン屋みたい。テイクアウトはもちろんカフェスペースもあって、ケーキの販売もしているみたい。いちばん人気は動画でも登場するクリームチーズパン。

 

 

このあと次の目的地のシーンになりますが、その場面のメインは第2話になるのでパス。ということで第1話については以上です!

 

 

 

 

 

ITZY in Korea Ep.2

 

www.youtube.com

 

続いて後編となる第2話のご紹介です。内容は別物ではなく第1話の続きから。

 

 

낙강물길공원(Nakgang Waterway Park)

 

韓国観光公社公式サイト: 낙강물길공원(Nakgang Waterway Park)

 

 

 

 

次の目的地であるNakgang Waterway Park。Nakgang Riverway Parkという表記も使用されていますが、検索した感じWaterwayの方が検索にヒットしたのでそちらをブログでは採用します。日本語名は不明だったので韓国語と英語の表記のみで。ITZYはこの場所でピクニックをします。噴水の前とわかりやすい位置なので実際にこの公園に行ったらわかるはず。このピクニックの感じはParis et ITZYのエッフェル塔の前の広場のシーンを思い出すな〜って考えていたら、ユナが自分が思ったその直後に一緒のこと言ってびっくりした笑。

 

 

似顔絵コンテスト

 

第2話のメインとなるピクニック中の似顔絵コンテスト。ITZYのメンバーたちがお互いの似顔絵を即興で書きます。ユナ→チェリョン→リア→リュジン→イェジ→ユナが描く相手。第1話のあいうえお作文のところと同じくメイントピックになるので詳しく触れないようにします。ぜひ実際に動画を見てみてね!最近よくアイドルの番組とかで見るようになった動く猫の耳のやつも登場します。見た目がアイドル的だし電流と違って耳が動いて視聴者にもわかりやすい。定番の嘘発見器に取って代わるトレンドアイテムになるのか?個人的にはイェジが描いたユナが好き。

 

 

月映橋

 

Korea travel and tourism information: 月映橋(월영교)

 

 

 

今回の安東の旅で最後の目的地となる月映橋。夜のライトアップが有名でITZYもその時間帯に訪れていた。韓国でいちばん長い木製の橋で1日3回噴水ショーが行われているみたい。写真や動画で見る限り、なかなか日本にはない雰囲気の橋だと思う。というか安東のどのスポットも見慣れない雰囲気なので日本人が旅行で行っても新鮮で楽しめそう。

 

 

このシーンで終了。最後はパリに行ったときの話も絡めながら安東の旅について感想を述べている。やっぱりチェリョンは旅好き?パリもめちゃくちゃ刺さってたし。旅はこれで終わりましたが、最後にボーナス動画が1つあります。

 

 

 

[Selfie MV] ITZY(있지) - Not Shy @한국에 있지

 

www.youtube.com

 

Not Shy @한국에 있지ということで、ITZY in Koreaの最中に撮った映像を使ったNot Shyの特別バージョン。オフショットや未公開の部分もふんだんに使われているので本編を視聴した後にチェックするのがオススメ。普段のNot Shyのパフォーマンスでは絶対に見ることができない和気藹々とした雰囲気なのでめちゃくちゃ新鮮。そういった意味でもオススメです。ハードなトラックに歌詞、ダンスのイメージしかないのに紅葉が綺麗な場所で歌ってたりするの面白い。

 

Listen on Apple Music

 

 

 

 

 

そうだ 安東、行こう。

 

今回はITZYの新しい旅番組『ITZY in Korea』を見ていきました。実際に見て思ったことは、予想以上にParis et ITZYとリンクしていたこと。最初この番組のアナウンスがあったとき、MIDZYたちがParis et ITZYのシーズン2か?とコメントを残していた気がします。ただ実際に完成した番組の長さを見てみるとParis et ITZYの1つ分にも満たない長さ。シーズン2というにはあまりに違うし、今回は韓国観光公社もタイアップしてるし別番組って考えた方がいいかな?って感じでした。ただ実際に番組を見てみるとメンバーたちがParis et ITZYについて言及するシーンが何回もあったし、番組のテンション的にも近い雰囲気がありました。

 

前回がフランスのパリ編、ノルマンディー編。そして今回は韓国の安東編という雰囲気があり、しっかり地続きになっていたと思います。なのでParis et ITZYのファンだった自分はすごく楽しめました。ITZY in Koreaが好きだった人で前回の番組を見ていない方はそちらもぜひ!今回のよりももっと規模が大きいし、様々なアクティビティにも挑戦してより観光の雰囲気が出ている番組だとと思います。

 

 

自分はこの番組を見るまで安東がどこにあるのかもわからないレベルでしたが、番組を見て安東という場所がどういうところなのかなんとなくわかったし、ブログを書くために検索しまくったから動画以外の部分の知識も軽く付きました。Paris et ITZYのときもそうだけど無駄に知識だけ持っている状態なので、実際に現地に行ってその知識を活かしたいです。コロナによって安東はもちろん、韓国自体に行くことさえ難しい状況ですが落ち着いて渡韓が自由になり韓国に行く機会が生まれ際には安東に行ってみたいと思いました。ITZY in Koreaを見て安東に興味を持った方にこのブログが役立てば幸いです。

 

 

 

というわけで今回は以上です。せっかくなので以前に自分が書いたParis et ITZYに関するブログのリンクとITZYの最新アルバム『Not Shy』のリンク、それにお気に入りのITZYの曲で作ったApple Musicのプレイリストを貼っておきます。そちらもよければぜひチェックしてみてください。ではまた!

 

LEGGOですブログ: Paris et ITZY関連記事一覧 

 

 

Listen on Apple Music

Apple Music: ITZYの「Not Shy - EP」

 

 

Apple Music: MBNPの「ITZY」

 

 

 

・My Twitter

twitter.com

 

Apple MusicでK-Popをメインにプレイリストを公開しているので、よければぜひ聴いてみてください!

apple.co