LEGGOですブログ | K-POPを主観100%で語る

ヒップホップ好きが気づいた時にはK-Popに夢中になっていた件。

Berry Goodが活動終了。EXIDと似た境遇で見逃せないアイドルだった

Berry Goodのゴウンとソユルがグループから脱退、そして活動終了

 

2021年2月22日、世間がSHINeeの兵役後初のカムバックに盛り上がっていた一方で残念なニュースが飛び込んできた。それはBerry Goodからゴウンとソユルが契約満了によりグループを脱退し、それに伴ってグループの活動自体も終了するというものだった。つまりは解散。1年半ほど前にチョヒョンがサプライズ的に知名度が上がったことでグループ自体も知られるようになった気はするが、客観的に見てBerry Goodは韓国でもまだまだマイナーな部類だろう。日本のK-Popファンは実際に韓国に住んでいるわけではないので普通に暮らしていてもK-Popに関する情報が自然に入ってくるわけではない。なのでK-Popの情報は自分でディグる!という人も多いと思うので、雑食系Kポ好きはBerry Goodのことを知っていそうだがそんな人はそもそも数が少ない。そんなマイナーグループの活動終了を取り上げるのか。上から目線っぽい言葉になってしまうがいい言葉が思いつかなかったので書かせてもらうと「Berry Goodは注目するのに値するグループ」だったからだ。

 

 

 

 

 

 

Berry Goodってどんなグループ?

  

f:id:leggodesu:20210223011252j:plain

Photo by Twitter(@BerryGood2014)

 

上の写真は2020年11月にリリースされたシングル『함께 떠나요(ACCIO)』のときの写真。左からゴウン、チェヒョン、セヒョン、ソユルで6人組のグループだが2名は休養中。今年の1月にはミニアルバム『UNDYING LOVE』をリリースしていた。

 

YouTube: Berry Good Official

 

Twitter: @BerryGood2014

 

Instagram: @berrygood_official

 

TikTok: @berrygood_official

 

 

グループの歴史

 

Berry Goodは2014年5月22日にシングル『Love Letter』でASIA BRIDGEエンターテイメントからデビュー。スビン、イラ、ナヨン、テハ、ゴウンの5人組でデビュー。2015年にはテハ、ゴウンを除くメンバーが脱退しソユル、ダイェ、セヒョンが加入。2016年にはチョヒョンが加入し、事務所もJTGエンターテイメントに名前が変わった。

 

2017年にチョヒョン、ソユル、ダイェがMIXNINEに出演。この番組はITZYのリュジンやLOONAのヒジンたちも出演した。またfromis_9を生み出した番組であるアイドル学校にすでにBerry Goodを脱退していたがナヨンが出演をしていた。その後ダイェとテハが怪我により休養。その後は上の4人のメンバーが活動を行なっていた。ちなみにメンバーのソユルはAOAユナの実の妹。現在は姉妹でYouTubeチャンネルを開設している。

 

YouTube: 유나리TV

 

 

安定した新曲リリース

 

怪我のような不安要素もあったが、解散することはなく2014年から2021年まで活動が続いていた。これってかなりすごいと思う。ペースこそ頻繁ではなかったが毎年シングルかアルバムを絶対リリースしていたし、7年目のジンクスにぶつかるまでやり切っている。大きな事務所のアイドルでさえ1年以上カムバックしないことがあったりするのに。6人での活動を再び見ることはできなかったが素晴らしいグループだと思う。先ほど言った注目するのに値するの1つ目の要因はこれだ。ちなみに今後事務所としてはグループの活動は終了としてチョヒョンとセヒョンの活動をサポートしていくという方針を取る予定。

 

 

 

急に注目を浴びたBerry Good

 

グループとしてあまり人気が出なかったBerry Goodだが、決死の思いで2018年にリリースをしたフルアルバム『FREE TRAVEL』のショーケースである事件が起こる。そのときに撮影されたFancamのほぼ全てが爆発的にYouTubeSNS拡散され、Berry Goodの波が急にやってきた。タイトル曲であるGreen Apple(풋사과)が普通にキャッチーでかっこいいというのもあるが、メンバーたちのセクシーな衣装がぶっちゃけ最大の要因である笑。

 

Berry Goodにとって初のショーケースということでチッケムの有名なマスターたちが自然と集まったのか、案件として事務所は集めたのかは知らないが有名どころのマスターたちがみんなBerry Goodの動画をアップしていた。元々拡散力のある人たちのチャンネルでBerry GoodやK-Popに興味がなさそうな人にまで気に入られそうな動画がアップされたら、そりゃ一瞬でバズるよね!韓国人じゃなくてもFancamは楽しめるし。そんなわけでBerry Goodが一気に知れ渡る。様々なメンバーの動画が伸びたが、この日の主人公となったのはチョヒョン。曲自体は普通にキャッチーなK-Popだしダンスも普通に踊っているが、衣装が完全に異質。基本セクシーな印象のFancamとかを見ても自分は純粋にカッケーとか思うタイプなのだが、チョヒョンに関しては完全にこの異質な感じを狙ったでしょ!って感じだった。ショーケースというチャンスにこういう方向性で拡散させた事務所は賢いと思う。完全に作戦勝ちしたのは確か。

 

その問題のFancamはぶっちゃけ性的な雰囲気もあるので貼ってしまうと、このブログで取り扱った記事たちの信用とか「BLACKPINKのロゼって露出度高めの衣装似合ってめちゃくちゃかっこいいよね!」とか純粋に言っているのが嘘くさくなるので貼りません。チャックしたい方は「berry good fancam 180816 johyun」とかで検索してみてください。

 

 

Fancam界の注目株になったチョヒョン

 

 

一晩で急にFancam界の注目株になったチョヒョンはGreen Appleの活動中も常に人気。軽いファンミーティングをこなしている動画でさえ現在600万回を超えている。MVや歌番組の動画よりFancamの方が人気があるというのは珍しい存在だろう。チェヒョン=チッケムのイメージの人はいっぱいいるだろう。

 

チッケムの元祖女王といえばEXIDのハニが思い出される。なかなか注目が集まらなかったEXIDが売れなかったら終わりという気持ちでウィアレの活動をスタート。結局人気は出なかったが軍隊のイベントに出演した際のEXIDハニのチッケムが大人気に。その人気っぷりは異常で活動が終了していたウィアレがチャートを逆走。最終的には1位を獲得し、夏の曲なのに冬に再び披露することになった。EXIDもバナナカルチャーというマイナーな事務所に所属しており、Berry Goodのパターンと重なる部分がたくさんある。

 

 

 

 

 

Berry GoodとEXIDの共通点

 

ここからは細かく2組の共通点について書いていこうと思う。

 

 

メンバーがFancamで大爆発

 

 

先ほども書いたようにチョヒョンとハニというチッケムきっかけで大人気になった存在がいるという共通点。人気グループの動画がバズったわけでなくマイナーグループが急にバズったという部分も同じ。種類は違うもののセクシーさで話題になったという点も同じ。多少はEXIDのことを参考にしたのでは?と思ってしまうほど状況が似ていた。

 

 

バズる前は苦労していた 

 

Berry GoodとEXIDの共通点はFancamがバズる前までほぼ無名だったということ。もちろん両者とも昔からサポートしているファンがいるのはわかっているが、一般的な知名度という点では完全に無名の部類だろう。EXIDのウィアレの活動はこれで売れなかったら解散というテンションで挑んでいたし、Berry Goodも話題になったショーケースの際に「最後のような気持ちで準備したアルバムだ」とはっきり言葉にしている。こういう当時の現状まで似ているのだ。少し違うとすればブレイクするまでの期間。Berry Goodの方が結成から時間が経っている。この差は結構痛い。7年目の壁は動かないのだから。

 

 

主人公の誕生

 

注目が集まったチョヒョンはどんどん個人でも仕事が増えていった。この感じもEXIDのハニのパターンに似ている。他のメンバーが劣っているとか人気がないとかそういう意味ではなく、主人公がチョヒョンでありハニであっただけの話。これをきっかけにグループとしても営業がかなり増えたし、日本にだって来日するようになった。Berryという文字がグループ名に入っているからイチゴつながりで栃木県の鹿沼で浴衣を着てベリーちゃんとイベントを行い、さらに知事表敬までするというかなりやんちゃなことも行っていた。企画したやつ誰だよ笑。韓国国内でもBerry Goodとしてイベントにめちゃくちゃ出るようになった。Fancamで有名になったからこそマスターたちが集まれるようなイベントに出演し続けたのも策士だよね。

 

 

チョヒョンのかっこいいところ

 

 

少し話が変わるが少しだけ。チョヒョンすごいな!って思うところがある。それはセクシーさがきっかけで有名になったことをそのまま生かしていること。EXIDのハニとジョンファがMAXIM KOREAに登場したことがあるがそれはウィアレより前。チョヒョンの場合はセクシーさで有名になったその勢いのまま仕事を続けたということ。オンラインゲームのLeague Of Legendのイベントでセクシーなコスプレをしたり、韓国の下着ブランド『YES』ではアンダーウェアのモデルやキャンペーンに出演している。コスプレをした際はセクシーさから一部の層から批判が集まったものの、ファンダムは支持。日本のアイドルと違って韓国のアイドルは水着グラビアなんてほぼしないし、MVで水着を着るときも上から服を着たりして全体を見せることはない。そんな中、現役アイドルとして下着の撮影にも普通に参加しているチョヒョンはパイオニアで間違いない。自分の長所を生かして活動をしているだけ。ダンスが得意なBLACKPINKリサがダンス動画をYouTubeにアップしているのと根本は一緒だと自分は思っている。かっこいい!

 

 

 

LEGGOとしてはBerry Goodにも同じように期待していた

 

f:id:leggodesu:20210223040020j:plain

Photo by Facebook(BERRY GOOD 베리굿)

 

LEGGOですブログというタイトルからもわかる通り、自分はLEGGOでEXIDのファン。だからこそ共通点の多さからBerry GoodにEXID的な要素を感じていたので結構期待していた。チョンヒョンにフォーカスした内容になってしまっているが普通に他のメンバーも好きだし。ハニ以外のEXIDのメンバーたちがちょっとずつ世間にお披露目されていったようにBerry Goodもなるかな?と思っていたが実現はしなかった。セヒョンがウェブドラマに出演したりしていたのだが。最近ブログで7年目のジンクスによりJYPから全員が脱退したGOT7だが、今でも全員が仲良くバラバラの事務所に所属しているが新曲をリリースしたというものや、SHINeeという7年目を超えても全員がSMエンターテイメントに所属し続けているグループのカムバックを特集していた。こういう7年目にある大きな壁を超えたグループを特集していた流れで、壁にぶつかったBerry Goodを特集するというのはあれだが、まあ仕方がない。注目が集まるのがもう少し前でコロナもなかったらかなり違う現状になっていたと思う。得意のイベント出演ももっといっぱいできて、グループとしてもメンバー個人個人としても知名度が上がっていただろう。活動終了という名の事実上の解散はもったいない。

 

LEGGOですブログ: GOT7のENCOREリリースは全てのK-Popファンの希望になるかもしれない

 

LEGGOですブログ: 遂にSHINee is Back。フルアルバム『Don't Call Me』がリリースされた!

 

 

一部の層からしか知られていないかもしれない。特定のメンバーしか知られていないかもしれない。そんなBerry Goodだが確実にK-Popファンを盛り上げてくれたアイドルの1組だと思うので、こんなタイミングではありますがブログにまとめようと思いました。作品は消えないし、今後の活動も続くと思うので相変わらずチェックしていきたいと思います。

 

 

最後にBerry Goodの音楽面にはあまり触れられなかったので最後におすすめの曲を紹介しておきます。

 

 

 

 

 

Berry Goodのおすすめの曲

 

音楽をメインに取り扱うブログということでBerry Goodの曲を2曲紹介しようと思います。2曲って少なくね?と思うかもしれませんが、その2曲が圧倒的に好きなので。解散はしてしまいますが音楽は変わらないので、興味がある方はぜひチェックしてみてください!

 

 

Berry Good - Green Apple(풋사과)

 

 

パフォーマンスが話題になっているがGreen Appleは普通にかっこいい曲。イントロで使われているメロディーがまずかっこいい。このチープで軽い感じの音が逆に癖になるし、ビートの途中で効果的に使われてもいる。サビの歌い方もかっこいいし。StellarのStingなんかもそうだけど一般的には衣装やパフォーマンスの印象が強いけど、よく聴くと曲がめちゃくちゃ渋い作品って意外とあるよね。

 

Listen on Apple Music

 

 

Berry Good - Daddy Long Legs(키다리 아저씨)

 

Listen on Apple Music

 

K-Popと相性がいいことで有名なニュージャックスウィングを感じさせるような跳ね上げの音を感じることができて、結構王道なK-Popって感じがするが絶妙に癖がある。音自体はトラップみたいな感じで入ってくるハイハットだが、トラップらしい機械的ハイハットの音ではなく生っぽい音を採用していることでヒップホップ色は消しているのでアイドルらしいフレッシュさが全面に出ている。個人的にはB面の曲だけど、もうちょっとだけドカンとしたビートにすれば普通にタイトル曲にできるレベルだと思う。ってかGFRIENDみたいな知名度のあるグループだったらもっと評価されていそう。それだけに惜しい1曲だ。注目されなかっただけだと思う。

 

 

 

今回は以上です。メンバーたちはバラバラになりますが芸能活動をやめるとは言っていないし、チョヒョンとセヒョンは残ったまま、それにソユルはお姉ちゃんであるAOAユナとYouTubeを更新中。まだまだメンバーたちの活動から目が離せません。またBerry Goodに関する情報がアップデートされた際にはブログを書こうと思います。ではまた!

 

 

 

・My Twitter

twitter.com

 

Apple MusicでK-Popをメインにプレイリストを公開しているので、よければぜひ聴いてみてください!

apple.co