LEGGOですブログ | K-POPを主観100%で語る

ヒップホップ好きが気づいた時にはK-Popに夢中になっていた件。

EXIDのオンラインライブは笑あり、涙あり、サプライズありの最高な時間

コロナで日本での活動ができない中、EXIDがオンラインライブを開催

 

バナナカルチャーを離れ、各自が様々な分野で活躍をしているEXIDのメンバーたち。韓国での活動が終了し、現在5人が揃った状態を見ることができるのは現実的に考えて日本での活動のみとなっている。そんな日本での活動もコロナの影響で来日するのが難しく、2019年の12月に行われた活動以降は来日もしていない。2月に行う予定だったツアーは延期に次ぐ延期。8月に日本でアルバムがリリースされたものの、それに伴ったプロモーション活動はなかった。EXIDの残された活動は基本的に日本での仕事しかないため、コロナの影響で来日できないことはLEGGOとしてはかなり不安な状態である。

 

コロナの影響でこのまま自然と日本でのEXIDの活動も終了してしまうのでは?と不安になっていた人も多いだろう。そんな状況でまさかのオンラインライブを行うというサプライズ発表。今回のコンサートが2月に行う予定だった日本ツアーの代わりになる可能性も?という不安はあるが、イベントが行われることが嬉しいことには変わりない!というわけで今回は11月8日に行われたEXIDのオンラインライブ『EXID Premium Online Concert - B.L.E.S.S.E.D -』の感想などを書いていこうと思う。

 

 

 

まず最初に言っておくことがいくつかあるので書いておこうと思う。8日に行われたオンラインライブのアーカイブが10日まで視聴可能。実際にオンラインライブに参加した方はもちろん、参加しなかったという人もチケットを今から購入すればアーカイブを見ることができる。詳細は上のEXIDの日本の公式ツイッターか下に貼ったリンクからどうぞ。

 

argsproductions.zaiko.io

 

次に言っておくことは今回のオンラインライブが行われたZAIKOについて。ZAIKOではスクリーンショットや画面録画などすることは商用使用・私的使用問わず禁止されています。オンラインであっても実際のコンサートと一緒ということ。なので今回のブログで配信のスクショなどを使用することはありません。そのため文章がメインとなるので伝わりにくくなるかもしれません。本人たちがインスタなどにアップした写真や公式ツイッター、公式がアップした映像などで比較的伝わるようにしますが、その部分はご注意を。

 

zaiko.io

 

そして最後に。オンラインライブの内容に触れるのでもちろんネタバレが出てきます。10日までアーカイブの視聴が可能なので、これから初めてオンラインライブを見る!という方はご注意ください。もうちょっと下に画面をスクロールするとブログの目次が出てきます。そこに見出しが出てくるのでセットリストや内容が出てきます。なので嫌な方は下にスクロールせずに前のページに戻ってください。

 

 

 

注意事項は以上です。というわけでEXIDのオンラインライブ『EXID Premium Online Concert - B.L.E.S.S.E.D -』について書いていこうと思います。

内容が多いのでページが重いかもしれません。すみません。

 

 

 

 

EXID Premium Online Concert - B.L.E.S.S.E.D -

 

f:id:leggodesu:20201109155131j:plain

Photo by Twitter(@EXIDjpofficial)

 

今回のコンサートは大体1時間40分ぐらい。実際のイベントではなくオンラインということもあり結構スムーズに進んでいく。なのでそういう部分も考慮に入れると日本で行われたEXIDのコンサートと比較すると時間は長めだと思う。曲数も日本関連のイベントの中でいちばん多い。

 

 

- オープニング -

 

www.youtube.com

 

まずはオープニングから。実はコンサートのオープニング映像と最初の2曲はYouTubeで配信されていた。なのでこの部分は無料で視聴が可能。上に貼った動画から見ることができるのだが、この動画は開演時間から始まっていたみたいなので最初の20分ちょっとは画像と音楽のみ。22:24あたりから本編がスタートします。

 

オープニング映像はいつもの勢いつける系。EXIDはいつもガツンとくる雰囲気の音楽を使ってくる。紹介順がジョンファ、ヘリン、ハニ、LE、ソルジと年下から順番っていうのは地味に新鮮。

 

 

1. EXID - B.L.E.S.S.E.D

 

www.youtube.com

 

1発目からいきなり8月にリリースされたアルバムのタイトル曲をぶっこんでくる。実はこれEXIDの鉄板のパターン笑。日本で行われた最初のショーケースでは1曲目がウィアレ。日本デビュー後はウィアレの日本語バージョン。韓国で新曲をリリースした直後の場合はI Love YouやME&YOU。日本でリリースしたときもTROUBLEから。いちばん新鮮な曲や今いちばん聴きたい曲を確実に1曲目に持ってくるスタイル。わかりやすくテンションを上げてくれる。この曲については先ほども述べたとおり、オープニングの部分に貼った動画で実際のステージを見ることができる。衣装は8月に日本でリリースしたアルバム『B.L.E.S.S.E.D』のジャケットで使用されていたもの。MVにも出てくる。ステージの始まり方がMVの始まり方と一緒なのもポイント。

 

f:id:leggodesu:20201110084420j:plain

Photo by Instagram(@jeonghwa_0508)

 

leggodesu.hatenablog.com

 

 

このステージでまず最初に目に留まったのはソルジの髪型。年上の人に対する意見としてはおかしい気がするが、めちゃくちゃ大人っぽくなっている笑。K-Popアイドルのソルジから韓国の女性歌手のソルジに完全に変わった。結構金髪とか赤髪とかがっつり染めてるイメージだったけど、短めの黒も自然に入ってくる。綺麗。寝起きの裸眼でインスタを見るとたまにソルジとナッティが一緒に見えるときがあったけど心配なくなった笑。ほんとソルジとナッティって姉妹か!ってぐらい画像で見ると似ている。生まれた国違うのに。

 

がっつり最初からかましてくるLEの隣でMVのテンションみたいにはしゃいでいるハニ。アン姉妹の違いっぷりがえげつない笑。やたらはしゃいでいるハニを横目で見たのかソルジが若干笑っちゃってるのもポイント。

 

Listen on Apple Music

 

 

2. EXID - Bad Girl For You

 

www.youtube.com

 

2曲目はBad Girl For You。このステージもオープニングの部分で貼った動画で見ることができます。みなさんはK-Popの日本オリジナルの曲もチェックしてますか?以前はがっつり日本仕様になっている曲が多く、K-PopのJ-Pop化が結構見られた。そんなこともあってか日本オリジナルの曲は若干ファンに雑に扱われていた気がする。ただ2020年の現在ではそんなことは一切ない。韓国でのスタイルをそのまま引っ張ってきたり、J-Popのミックス具合が絶妙だったりしてクオリティが完全に上がっている。やっつけ仕事感が一切ない。

 

EXIDの場合は韓国と日本の曲ではスタイルが全然違う。ただこれはJ-Pop化ではない。日本で新しいスタイルに挑戦しているのだ。このBad Girl For Youもそんな挑戦した1曲で、韓国のどのEXIDの曲とも似ていないけど妥協した感じは一切なく、トラックも本人たちもめちゃくちゃハード。この曲に携わったm-floの☆Taku Takahashiとeillには本当に感謝しかない。メロディーラインがまず最高だし、サビもかっこいい。こういうビートってEXIDにぴったりだと思う。Boyなんかもそう。fromis_9やLOONA、ITZYみたいな若いグループじゃなくてEXIDというお姉さんが昔っからあるグループにぴったり。あと全員の身長が高いってのもビートの雰囲気に合ってる感じがする。過小評価されている曲の1つだと思う。ステージはアップの映像が多くてダンスがあまり見えなかった感じが若干する笑。まあメンバーのアップでも全然いいんだけど。

 

leggodesu.hatenablog.com

 

Listen on Apple Music

 

 

- MC ① -

 

最初のMCということで軽いご挨拶から。通訳もあるけど声的に韓国の方がしていると思われるので、日本でのイベントみたいにがっつりというわけではないしスムーズに感じない部分もあるけど問題なし。相変わらずヘリンはEXIDの日本語担当。上手いとか語彙力があるわけじゃないけど、ヘリンの日本語ってめちゃくちゃ聞き取りやすいよね。あとステージ中はそんなことないけど、MCになるといちばんテンションが高いのもいつも通り。

 

この部分のMCは挨拶のみ。YouTubeとの兼ね合いもあると思う。というわけでこのシーン以降は実際の動画を載せられませんが悪しからず。オンラインなだけで実際のコンサートと同じということで。

 

 

3. EXID - I Love You

 

www.youtube.com

 

続いての曲はI Love You。ステージが暗くなる直前にI Love Youというタイトルに合わせて両手でハートをこっそりしてるジョンファが可愛い。曲は相変わらず攻めてるよね。EXIDって昔からアイドルぶらないけど立ち位置的にはやっぱりK-Popアイドルじゃん。ってことはやっぱりアイドルだから実際に歌っているのは大事なこと。なのにこの曲の半分近くがサンプリングした音ってすごいよね。「I love you like 〜」が占めてる割合。こんなサンプリングを前面に出してくるアイドルの曲ってマジでないと思う。LEがマンブルラップっぽいフロウを披露するのもそうだし。ソルジってDDDに歌は参加してたけどステージには立たなかったじゃん。韓国での本格的に復活するってなったときに攻めた曲でやるってすごいよね。それでいて「知ってるお兄さん」でやっていた通り、ソルジのスキルを見せつけるポイントがあるんだから。完全復活とスキルの証明が同時にできるFlexパート。

 

www.youtube.com

 

 

あとハニ本人がファンミーティングでI Love Youのダンスは表情の管理が大事であると言っていた通り、やっぱハニの表情は最高。今でもステージ上における表情で曲を表現するスキルはハニがいちばんだと思う。今は女優としてEXIDのステージとは違うスタイルで表情を使って表現してるってのも感慨深い。こう考えると昔から女優業はハニにぴったりだったのかもしれない。

 

Listen on Apple Music

 

 

- MC ② -

 

先ほどの挨拶メインとは違ってしっかりお喋りタイム。去年の12月ぶりで今年日本のみなさんの前に出るのは初めてという話から始まり、日本のみなさんと日本の食事が恋しいですというのはさすが笑。EXIDの日本のイベントでは毎回のように食べ物の話をしている。企画としてステージで食事をするときもがっつり食べるし、日本で見つけたお気に入りの食べ物の話はツアーをしながらどんどんアップデートされていってるし。最初のMCで食事の話が出てくるのはEXIDのみ???

 

その後は本格的なご挨拶。LEが謎に照れてるの可愛い。そしてここで今回1発目のソルジのすげー。ほんとすげーってすぐに言う笑。確か最初は日本のマネージャーの口癖の真似だった気がするけど、もう完全にソルジの口癖だよね笑。他のメンバーのすげーって言う合計よりソルジ1人の方が確実に多いと思う。

 

 

4. EXID - How You Doin'

 

Listen on Apple Music

 

サンプリングという言葉はK-Pop好きの人からするとあまり馴染みがないかもしれない。先ほどのI Love Youではサンプリングを大胆におこなっている。ヒップホップなどでは当たり前の手法だが、実はK-Popでもよく使用されている。このHow You Doin'は出だしからそうで、最初の特徴的なメロディーはサンプリングだ。

 

www.youtube.com

BLACKPINKリサが自身のYouTubeチャンネルであるLilifilm Officialでアップしたダンス動画。これで使用されているクリスブラウンとヤングサグのCity Girl で全く同じネタが使われている。元ネタのいじり方が若干違うので少し違うように感じるがHow You Doin'とベースは一緒。サンプリングを知らなかったらパクリだと思ってしまうかもしれないが、これはしっかり確立されたサンプリングという方法で生まれた結果なのだ。

 

相変わらずこの曲もかっこいい。目をつぶってHow You Doin'を歌い始めるハニにも見慣れてきた。歌モノで座りながら歌う曲なのにテンション上がる系ってのも面白い。LEは相変わらずのOn Fire。どっちかというと落ち着いた部類のビートでがっつりかますことができるLEは化け物。やっぱりK-Popアイドルのレベルではない。元々がアンダーグラウンドのラッパーということで出だしが違うのはわかる。でもやっぱり普通に考えてアイドルの曲でラッパーとしてのスキルが自然と上がるとは思えない。人気アイドルグループのラップ担当なのに下手な人なんて結構いる。EXIDとしてのLEの立ち位置も人気アイドルグループのラップ担当と一緒なはず。でもラッパーとしてのステージは全く違う。あんな風によくビートに乗れるよね。今後どんどん曲をリリースしてほしい。

 

 

LEのパートが終わりソルジへ。そこで引きの絵になったときは正直笑った。あなたはどうしてる?元気?っていきなりスクリーンにドカンと現れた。別に日本語が表示されることには何も思わないけど、ハニがかましてLEがかましてソルジがかましてるときに急に出てきたから緊張と緩和というか、その差が大きくて笑ってしまった。多分自分以外にもいると思う笑。

 

ジョンファの少し甘めで掠れた声も相性抜群だな〜なんて思ってたら、サイドボーカルとして歌いつつも若干ふざけてるヘリンに持ってかれた笑。よくLEに向かってふざけてた直後に自分のパートにすぐ入れるね。ってかほんとHow You Doin'って適材適所って感じ。その人のポテンシャルを生かせる部分のみで構成されてるっていうか。各自の個性が目立ってるのにしっかりまとまってる。B面の曲がめちゃくちゃ渋いのもEXIDの魅力の1つ。

 

 

5. EXID - Too Good to Me (JPN Ver.)

 

Listen on Apple Music

 

実はUKガラージや2stepのようなジャンルを得意としているEXIDの隠れた名曲の1つであるToo Good to Me。ここで気ついたわけ。I Love Youは韓国語だったぞ!と。いちばん最近のアルバム『B.L.E.S.S.E.D』で日本語になった曲が結構増えた。I Love Youもそのうちの1つ。あ!わかったぞ!以前にリリースされた日本語バージョンの曲は練習時間が多かったから対応してて、最近日本語になった曲はそこまで練習できてないから韓国語のままなんだ!と。自分は完全にそう思ったし、この後に出てくる会話から確信に変わったし実際に当たってると思う。ただこの事実が後ほどネタ振りとして効いてくることになる。

 

ハニが自分のパートじゃないサビの部分でテンション上がってか口パクしてるんだけど、口の動き的に日本語でやってそう。歌詞見ながらだとは思うけどできるんだね!

 

 

- MC ③ -

 

 

ここでLEとハニが準備のために一時退場。ここで前日のツイッターを思い出した。久々のあの組み合わせと書いてあったのだ。EXIDの音楽での組み合わせと言えばソルジとハニの2人がいちばん有名。あとは舞台で披露をしたことがあるヘリンとジョンファ。組み合わせやユニットと言うにはちょっと違うがNight Rather Than DayやLADYのような4人のときの曲。それとLEとハニの組み合わせ。ただLEとハニに関しては音源のみで舞台で披露したことはない。よって絶対にLEとハニのパターンはないと思っていた。多分全てのLEGGOが思っていただろう。なのにここでLEとハニが退場。最後までオンラインライブを見た結果、自分はここがいちばんのサプライズだった。ソルジの復帰というとんでもないイベントがあって、ME&YOUの5人完全版も生で見る機会があった。そもそも2020年になっても5人で活動している機会があるという大きすぎるポイント。そしてLEとハニによるこのタイミングでの初パフォーマンス。実は日本のLEGGOはかなりついているのかもしれない。

 

 

2人が準備中ということでソルジ、ヘリン、ジョンファのトーク。最近の近況についてコロナの影響関係なく元々インドア派なジョンファは映画や舞台など女優業で忙しかった。ソルジはアルバムをリリースして12月にはソロのステージがあるので、それの準備に集中していた。そしてヘリンは断捨離にハマってる。完全にヘリンだけ近況報告のジャンルが違う。ヘリンらしいけど笑。ここトークの順番がジョンファ、ヘリン、ソルジの順番だったんだけど、絶対ヘリンがオチの方がよかったよね笑。

 

 

6. LE & Hani - Weeknd

 

f:id:leggodesu:20201110062819j:plain

Photo by Instagram(@youzu.lee)

 

今回のオンラインライブでいちばんのサプライズ。LEとハニによるWeekndの披露。このタイミングで今まで1度も披露していなかった曲を出してくるというサプライズはえげつない。しかも2017年と結構前の曲なのに。衣装はバンダナベースという部分はお揃いで、他はLEとハニそれぞれが似合うスタイリングとなっている。軽いダンスも披露しつつ、曲のスタイルに合わせたパフォーマンスも最高。歌詞の内容にパフォーマンスがリンクしていてLEとハニが男女の仲を表現、Weekndの曲が終わったとき2人の結末はどうなったのか?ちゃんとストーリーが出来上がっているので、ぜひWeekndのステージを見てもらいたい。サプライズな上に衣装似合ってる、パフォーマンス最高、そもそもWeekndの曲が渋い、本当にめちゃくちゃかっこいいステージだったと思う。ちなみに衣装の写真はスタイリストのインスタのストーリーから。

 

このあと次の曲に行くのだが、衣装替えが間に合わなかったのか再び2人が出てくる笑。ヒヨンとヒョジンによるWeekendでした!と曲についてなどをアドリブで会話。最初若干詰まったもののスムーズに場を繋ぐのはさすが。やっぱEXIDはベテランだな〜と思った。最後のマンネの呼び込みの仕方がすごく韓国の番組っぽい笑。

 

Listen on Apple Music

 

 

7. Hyelin & Jeonghwa - Are You Hungry?

 

www.youtube.com

 

続いてはヘリンとジョンファによるユニット。年下組によるこの曲はEXIDの中でもかなり異質。曲調はもちろんだけど、特にダンスが異質でたまにあるアイドルのふざけてる系のジャンルに属すると思う。ただそれが最高。マンネはジョンファなのでそっちがふざけるのかと思いきやお姉ちゃんのヘリンがかなりふざけてる。姉妹のちょっとした喧嘩みたいな雰囲気もある。ステージで以前披露したことがあるので公式の動画があるが、やっぱりこちらもかなり珍しい曲。あとマイナーな部類に入るはずだが特徴的すぎでWeekly Idolでも取り上げられてたし、ひょっとするとファンの間ではB面だけどタイトル曲ばりに知名度があるかもしれない。

 

このステージで最初に思ったことは、ちゃんとダンサー用意したんだ!ってこと。コンサートってダンサー用意しないパターン多いけどちゃんといたのね。衣装はEXID的にはぶっちぎりで可愛い系。プリーツの台形のテニススカートとEXIDって結びつかないでしょ?現在女優として活躍しているジョンファがこういう衣装を着ることは今後あるのか?ってレベル笑。ジョンファのウインクも炸裂するし。後ろのモニターでずっと食べ物が出てきてるのもいい。EXIDのイメージとは違うけど、Are You Hungry?もアイコニックな曲の1つだと思う。この曲が収録されている『STREET』がリリースされ歌番組に出ていた当時、VLIVEで即興で振り付けをしながらAre You Hungry?を5人が踊っていたのもすごく記憶に残っている。そういったこともあり、この曲を聴くと一気に時間が戻った気がする。

 

Listen on Apple Music

 

 

8. Solji - Rains again

 

www.youtube.com

 

再びサプライズ。まさかのソルジはRains againを披露。当時の曲ではなくソロデビュー後のばりばり現役の曲をチョイス。日本で2019年のバレンタインに行われたツアーではジョンファがPINKMOONと作っていたSoundcloud限定のA Gut Feelingを披露するというサプライズがあった。そのときと似た感じ。EXIDじゃない部分から引っ張ってくるなんて。EXIDはサプライズ大好きっ子たちなのかもしれない。衣装はこの動画のものと雰囲気が同じの白のワンピース。

 

オンラインだけど今回のイベントはコンサートなのでパソコンのスピーカーで聴くのはちょっと違うな?と思い、自宅にあるイヤホンやヘッドホンの中からいちばん音質がいいもので急遽今回のオンラインライブを視聴していた。それでもやっぱり生で聴いているわけではないし、即興でセットアップしただけなので最高の環境というわけではない。それなのにオンラインでもはっきりとわかるソルジのスキルの高さ。特に終盤のソルジがかましてくるところ。アーカイブはパソコンのスピーカーで視聴したので感じにくかったが、直接聴いているとやばいんだよね。いい意味で耳を破壊してくる。ほんとスピーカーでしか視聴してなかった人はイヤホンやヘッドホンでもう1度最初から聴いてみてほしい。細かい部分もめちゃくちゃ聴けるし、ちゃんとコーラスで入っているのもわかるし今回のオンラインライブ限定のアレンジ部分もしっかりわかる。

 

 

ってかEXIDでアイドルとしてダンスや今までにしたことがないスタイルの曲を経験した後に、一周回って2NBのときのようなスタイルに戻るの面白いよね。本来のスタイルと違うことをしてもがっつりスキル上がってるわけだし。ってかヘリンとジョンファの曲とのテンションの違いがものすごい。

 

Listen on Apple Music

 

 

- 映像シーン -

 

ここで一旦映像のシーン。EXIDが現在のメンバーで活動していた時代のタイトル曲を1作目から順に追っていく。韓国語の曲と日本語の曲の両方が混ざって出てくるので時系列でものすごく見やすい。K-Popは好きだけどEXIDはそんなにって人はやっぱりウィアレのイメージしかない人が多いけど、他の曲もいいので知ってもらいたい。ただオンラインライブの映像を見ている人はEXIDのファンしかいないと思うので届かないが笑。

 

あとEXIDだけでなく全体として言えることだけど、ある時期から一気にメイクなどのスタイルが変わるじゃない?あれってまじで重要だったと思うよね。韓国のメイクとかファッションとかが現在のレベルで浸透したの本当にすごいと思う。K-Popに興味ない人でも韓国コスメ使っている人なんてめちゃくちゃいるじゃん。韓国の女性アイドルの影響力も昔のままだったら絶対今のレベルになってなかったし。K-Popに興味がない人にまで憧れの対象になることはあの時代の変化がなかったらありえなかったと思う。

 

 

9. EXID - ME&YOU

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

衣装替えが終了しME&YOUがスタート。ハニ、ジョンファが上の動画でソルジ、LE、ヘリンが下の動画の衣装を着用。もちろん上の動画と違ってLEがフルで登場する完全版バージョン。この曲は歌番組のときと同様にバックダンサーが登場するので、以前の日本のツアーのときとは違って本当の意味での完全版。それだけで見る価値あり。

 

f:id:leggodesu:20201110084311j:plain

Photo by Instagram(@jeonghwa_0508)

 

f:id:leggodesu:20201110080555j:plain

Photo by Instagram(@jeonghwa_0508)

 

f:id:leggodesu:20201110080834j:plain
Photo by Instagram(@jeonghwa_0508)

 

インスタにこの衣装を着た写真が写真があったので貼っておきます。ソルジは私服。

 

Listen on Apple Music

 

 

 

Listen on Apple Music

 

リリースされて以降、毎回パフォーマンスをしているCookie & Cream。もちろん振り付けありで定番になりつつある曲。LEのラップのパートが2回、ソルジがかますパートもありということで、特にスピード感のあるビートではないけどメリハリがいい具合に出ている曲。K-Pop感は少なめ。ここらへんはサクサクとパフォーマンスが進んでいくので、ゆったりと楽しめるパートになっている。

 

 

11. EXID - TROUBLE

 

www.youtube.com

 

個人的にEXIDの曲の中でいちばん過小評価されていると思っているTROUBLE。Too Good to Meと同じく2stepの曲でいい意味でサクッと楽しめる。韓国の曲を含めたとしてもトップクラスで好き。ダンスも好きだし出だしのハニもいい。本来の衣装であるスーツもかっこいいし。ジョンファのウインクは相変わらずの見所。日本のEXIDの曲といえばこれの感じがする。

 

Listen on Apple Music

 

 

- MC ④ -

 

連続パフォーマンスが終了し再びMCタイム。衣装を変えたこともあってか若干のマイクトラブルでメンバーが出たり入ったり。この後とかも若干マイクで気になる部分はあるけど、最初の方でも初めてのオンラインライブなのですみません的なことを言っていたので、特に気にせず行きましょう。ただTROUBLEを披露した後にトラブルの話をするのはちょっと笑った。

 

「ハニちゃん、ちょっと今日ゴーストみたいですね」とヘリンが言った後にハニの「あぁ〜ありがとうございます」はおかしくね?とか思ってしまった笑。「くちびるが〜」「あ、はい!purple」「はい」「Yes, I know」という流れ。そしてハニの言葉を日本語に通訳するヘリン。そしてすげーと言うソルジ。この感じお馴染みな気がする。あとやっぱり自分はステージメイクのハニが好き。最近は女優として活動していたから比較的自然なメイクが多かった。なのでこういうスタイルのハニは久しぶりに感じる。視聴者の目を壊してくる暴力的なメイクのハニをもっと投入して欲しい。お願いします!Sublime Artist Agencyさん!

 

 

無観客で面白くなかったらどうしようと考えていたEXID。その結果たどり着いたのが、自分たちが楽しんだらみんなも楽しんでもらえるんじゃないかという答えに。とにかく楽しむEXIDらしい答えで和んだ。日本の曲を収録したときのことをblock.fmでm-floの☆Taku Takahashiが「失敗してもゲラゲラ笑って、切り替えて再び挑戦する。全く折れない」みたいなことを言っていたのを思い出した。これって本人たちが楽しんでいるからこそだと思うんだよね。こういうレコーディングみたいな裏側はもちろん、番組なんかでもEXIDはそうだった。アイドルです!みたいにキャラを無理やり作ることなく、いつも自然に楽しんでいる。本人たちがいつも楽しんでいるからこそEXIDの番組はいつ見ても面白し、曲もハードなんだと思う。楽しさは伝染するってことだよね。

 

block.fm

 

 

そのあとはユニット曲についてトーク。話題になったのはやっぱりLEとハニのWeeknd。ハニはLEの愛を感じたと言い、LEはハニをLEGGOだと思ってパフォーマンスしたとのこと。これがあのストーリー仕立てのパフォーマンスに繋がるというわけ。ただでさえ良かったWeekndのパフォーマンスがより深くなる。元々大好きな曲だったけど今回より好きになることができた。ソルジが準備の時間が短かったのにすごいね!的なことを言っていた。そりゃ全員が違う事務所になったし、活動内容もバラバラなので簡単に集まることはできないだろう。そんな中でやっぱりサプライズのパフォーマンスをしてくれたのはファンとしては感謝しかない。

 

その後Weekndのダンス講習。モニターの向こうの人たちを踊らせてくるEXID。そしてこのWeekndムーブがめちゃくちゃ使える!ヘリンとジョンファやソルジの曲でもダンスを披露。このタイミングでEXIDとLEGGOたちは万能ムーブを手に入れることになった笑。これマジで使えると思うんだよね。音楽に合わせてはもちろん、バスケでエンドワンを決めた後やボーリングでストライクを取ったとき、クレーンゲームで景品を取った後、サッカーで得点したときなど様々なシーンでFlexするときに使える笑。LEGGO同士で遊びに行く機会がある人はぜひやってもらいたい。もちろん周りに知っている人がいなかったとしてもムーブ単体でいいので、自分もどっかのタイミングでぶっこもうと思う笑。

 

 

そして本日のハイテンション担当のハニによる次の曲紹介。着替えてるときにテンション高くなったとのこと。だから1曲目のB.L.E.S.S.E.Dでいきなり1人だけ跳ねてたんだね笑。

 

 

12. EXID - DDD

 

www.youtube.com

 

もちろん5人バージョンのDDD。日本のツアーでソルジが復帰してDDDのパートを初めて歌ったときはマジで盛り上がったよね。韓国でもそう。動画でも余裕で伝わってくるぐらいソルジへの歓声がすごかった。バックモニターを光らせてメンバーたちに光を当てない演出はやっぱりDDDのクラシック。相変わらずの渋さ。

 

この曲もアルバム『B.L.E.S.S.E.D』で日本語バージョンになったばっかりなので韓国語で披露。Too Good to Meのとき感じたことはやっぱり正解だと思った。

 

Listen on Apple Music

 

 

13. EXID - HOT PINK (JPN Ver.)

 

www.youtube.com

 

続いてHOT PINK。こちらはアルバム『TROUBLE』で収録されている作品なので日本語バージョンを披露。韓国語版の動画だけどこれはマジでクラシック。dingoで昔シリーズ化されていたお酒を飲みながら新曲を披露するやつ。酔った感じのメンバーもいれば逆にスイッチ入れてフルで歌う人もいる面白くて個性も感じられる動画。

 

ハニの最初のバースの覗いているフリの部分でそこにいた人たちは毎回盛り上がるし、パク・ジョンファ!の掛け声はEXIDの曲の中でいちばん言いたいやつ。実は曲単体としてはそこまで好きじゃないけど、実際にパフォーマンスを見る場合はトップクラスで好き。個人的な思い出として2019年12月のファンミーティングのとき最前列だったんだけど、ハニがサビ始まりのアイコニックなダンスのときからずっと自分を見て歌ってくれた(ガチ)。そしてサビが終わって去るときにクスッと笑って行った(ガチ)。そんなこともあり個人的にやたら記憶に残っている曲。この曲も最初の方で言っていたサンプリングがわかりやすく使われている。このパフォーマンスで1つだけ不満があるとすればジョンファのソロのバースのカメラワークが若干遅れたこと笑。ハニが1列に並んだときにいたずらしているのも安定していて可愛い。

 

leggodesu.hatenablog.com

 

Listen on Apple Music

 

 

- MC ⑤ -

 

やっぱソルジってリーダーだな〜って感じるシーンが最初にあり。마지막を連呼するハイテンション担当のハニも見ることができる笑。そしてアーティスト側からアンコールしてくれ!という言葉。コンサートってアンコールありきだけど言うのもじゃないじゃん。アーティスト側がこんなに言ってくることって滅多にないで笑。そしてオフィシャルの最後の曲『UP&DOWN』が始まります

 

 

14. EXID - UP&DOWN

 

www.youtube.com

 

完全にEXIDに謀られた。B.L.E.S.S.E.Dで日本語になった曲は韓国語、それ以前の曲は日本語ってルールだったじゃん!曲紹介もウィアレと言わずにUP&DOWNと言ったじゃん!なのにまさかの韓国語バージョン。完全に計画的犯行。まさかのウィアレでサプライズ。普通に最初LE間違えて韓国語で歌っちゃったのかと思ったもん。そしたらハニも続いて韓国語。やられたね。いちばんクラシックな曲をクラシックなスタイルでお届け。本人たちが楽しみつつ、LEGGOのことも楽しませてくれるEXID。LEにお尻を叩かれて笑っているハニだけど、そのハニの笑みがLEGGOのことをハメてやったぜ!的な含みがあるようにしか感じられない笑。

 

Listen on Apple Music

 

 

- アンコール -

 

ここからアンコール。ウィアレ終わりに暗くなったので一応全員バックステージに下がるのかな?と思いきや、そのままステージに残ってアンコールコール。程でもいいから下がらないのかよ!って思った笑。アンコールくれと言い、最後の曲を歌った後にその場に居座ってアンコールコール。こんなアーティストがいたでしょうか?EXIDらしいといえばらしいが、あまりにも攻めている笑。居座りながら「アンコール信じます!」はやばい笑。ただ「準備してないんですけど、即興でやってみましょうか」とLEが言っていたので会話の内容に関してはアドリブっぽい。そういう部分は生でオンラインでありながらコンサートっぽさがすごく出ていてよかった。

 

アンコールの前に各自が最後の言葉を言っていく。この部分は本当に深い。「各自が忙しく顔を見ることができなかったけど、この機会を通してみんなでステージを披露することができて嬉しかったです」というジョンファ。感謝などを伝えているけど、やっぱり顔はいつも通りのヘリン。泣きそうと言いながらシンプルに言葉を述べていくLE。コンサートを通じて再び集めれて嬉しいという自分の気持ち。ファンへの感謝。そして今後の自分たちの活動への期待とまとまったリーダーらしい言葉を述べたソルジ。そして泣きながらシンプルに言葉を発するハニ。ヘリンが合いの手を入れてなかったら、もっと泣いてたんじゃないかな?と思う。ただ泣きながら元気な姿を見せるハニはすごくハニらしい。現在EXIDは韓国で活動をしていない。契約だあるため日本での活動が続いている。しかもそれもコロナがなかったら今は終了していた可能性が高い。EXIDもLEGGOもこれがロスタイムであることを知っている。だからこそ、この言葉の深さを実感することができる。解散という発表の仕方をしたわけではないが、事実上の解散状態になる日は近い。情勢的にこのオンラインライブが最後になる可能性だってある。挨拶の「今までEXIDでした〜」といういつ言葉も日本語的に違う風に捉えることもできる。だからこそEXIDと同じくアンコールを楽しもうと思った。

 

 

15. EXID - WE ARE..

 

www.youtube.com

 

言い方があれだけど本当にこういうタイミングにいい曲持ってるね!というぐらいバッチリな曲。なので逆に言うことがない。聴いてくれって感じ。

 

ステージは見所って言い方はおかしいけど、ハニが泣いたその感情のまま歌い出しているのが見所。後ろのモニターには募集されていたメッセージが。ジョンファがそれを見て最後泣きそうになっているのも、これも言い方がおかしいが見所。

 

Listen on Apple Music

 

 

16. EXID - Memories

 

Listen on Apple Music

 

最後の曲はMemories。ジョンファが泣きそうになっているのを誤魔化すためか、腕を振って元気な感じを出している。それに気づいたヘリンが拭くものをジョンファにそっと渡す。Are You hungry?では妹より子供っぽいお姉ちゃんって感じだったけど、こういう部分はヘリンの方が年上って感じがものすごくする。ハニとジョンファは日本で行なった最初のショーケースでソルジと生電話したときも泣いていたし、それ以降も生で泣いている姿を何回も見ているのでもう完全にそのイメージがある。最初のサビ終わりに次自分の番だっけ?と一瞬迷ってたと思われるハニががっつり抜けれてるのポイント笑。最後にカメラに向かっていくところも個性が出ていてよかった。

 

 

- エンディング -

 

最後は5人からのメッセージの画像が映し出されて終了。この部分はなんというかオンラインライブの流れを実際に感じてから見た方がいいと思うので、内容については書きません。ソルジ、LE、ハニ、ヘリン、ジョンファはもちろんEXIDや今回のコンサートに携わったみなさん、LEGGOありがとうございました。『EXID Premium Online Concert - B.L.E.S.S.E.D -』すごく楽しかったです!

 

 

 

EXIDのオンラインコンサートを視聴してみて

 

 というわけで今回のEXIDのオンラインライブ『EXID Premium Online Concert - B.L.E.S.S.E.D -』を実際に視聴してみた感想でした。実はオンラインライブは今回が初めて。今までも見たいな!と思ったものはあったがコンサートとは言っても映像コンテンツだし、映像の割に自分が見たいタイミングで見れないという点から興味がなかった。でも結果から言うと実際に見てみてよかった。視聴できる期間が決まっているということで生っぽさも味わえるし、家で見ているから飲み物とかも普通に用意する。そうするとやっぱり見逃す部分が出てくる。アーカイブがあるので見返すことはできるが、見逃しちゃう感じも生っぽいと思った。まあ見逃すの種類が違うのだが笑。

 

コンサートの内容に関しては満足しかない。ってか5人揃ったEXIDを見れる時点で最高なのに、映像コンテンツとしてもかなり満足できるものだった。集まる時間がないなら今までのものばっかりで用意してもいいのにWeekndをこのタイミングで披露してくるし、ソルジのソロ曲もあった。それでいていちばんアイコニックなウィアレを韓国語で披露するという痒い所に手が届く的な意味でのサプライズ。欲しいものをしっかり提供してくれた。満足しかなかった。楽しんでいる姿を見せたら楽しんでくれるだろうと言っていたが、ちゃんと楽しめるポイントを用意してくれていた。それでいて楽しさも伝染してくるのだから最高である。

 

 

オンラインライブというコンテンツ自体として思ったことは、早くVRで見れるようにならないかな〜という話。実際のコンサートはメンバーを自分の目で追うけど、オンラインだとメンバーをカメラが追う。両方とも見逃すポイントがあるのだが見逃すの意味が違う。原因が自分のが理由か他人が理由かが違う。なので将来VRで見れるようになれば見逃す理由が自発的になるので、より生っぽさを味わえるようになる。それでいてアーカイブなしの一発勝負を2部とかにしたらマジでコンサートみたいになる。チケット代を安くしたら遠出してまで行く気はないという人とかも買ってくれそうだし、キャパを超えて人を入れられる。まあこんなのそこそこ先の話になりそうだけど音楽関係以外の分野でも使えるし、早くVRの生放送が可能な時代にならないかな?

 

 

 

というわけ今回は以上です。10日まで見られるのでまだギリギリ間に合います。実際に参加した人はアーカイブをもちろん見ることができるし、チケットを購入すれば今からでも見れるのでぜひ!もう一度リンクを貼っておきます。

 

argsproductions.zaiko.io

 

 

f:id:leggodesu:20201110121323j:plain

Photo by Twitter(@EXIDjpofficial)

 

最後に一言。やはりEXIDはG.O.A.T.である!!!!!

 

 

f:id:leggodesu:20201110121541j:plain

Photo by Instagram(@x_xellybabyx)

 

 

 

セットリスト: EXID Premium Online Concert - B.L.E.S.S.E.D -

 

apple.co

 

今回のセトリをApple Musicでまとめてプレイリストにしました。興味のある方はぜひ使ってみてください。

 

 

 

『EXID Premium Online Concert - B.L.E.S.S.E.D -』のグッズについて

 

official-goods-store.jp

 

今回のイベントはオンラインでしたが、ちゃんとグッズが作られています。自分はキーホルダーを買いました。L.I.EのMVのホテルのキーがモチーフになってるやつ。

 

 
 
 
この投稿をInstagramで見る

❤💜💚💙💛

박정화(@jeonghwa_0508)がシェアした投稿 -

 

ちなみにキーホルダーの色はジョンファがEXIDに関する投稿をするときに使っているハートの色と一緒。パーカーとポーチも追加されたので、すでに購入した人も再びチェックを!

 

 

 

これで本当に終わりです。なかなか読みにくい内容だったと思いますし、ページも重かったと思いますが最後まで見ていただいた方ありがとうございました!これからもEXIDをサポートしていきましょう。ではまた!

 

 

 

・My Twitter

twitter.com

 

Apple MusicでK-Popをメインにプレイリストを公開しているので、よければぜひ聴いてみてください!

apple.co