LEGGOですブログ | K-POPを主観100%で語る

ヒップホップ好きが気づいた時にはK-Popに夢中になっていた件。

【8月K-POP】Queenの名を冠したRed Velvetは支配することができたのか?

2021年8月は結構あっさり王道系?

 

更新が遅くなってしまいましたが、1ヶ月間のお気に入りやおすすめの楽曲を紹介していこうと思います。今回は2021年8月号。アイドルだとどちらかというと男性が多め、アイドル以外のアーティストたちが活発だったという印象。ただ気に入ったアーティストは結構王道で、MVのあるタイトル曲の割合も普段より高かった。

 

というわけで普段より直球のラインナップになります。まあこういう月もあるよね。

 

 

 

 

 

 

8月のおすすめK-Pop

 

順番はリリースされた順。

 

 

SOMI - DUMB DUMB

 

 

まず初めは約1年ぶりの新曲となったソミのDUMB DUMBから。ものすごくポップスのノリが入っていて、K-Popのトレンドとは違う雰囲気なので人によって好みがはっきり分かれそうな1曲。自分としてもめちゃくちゃ好きか?と聴かれたら違うと答えるが、箸休め的な感じでたまに聴くと結構楽しめた。若さの象徴、00年代生まれの韓国アイドルを代表しているというイメージがやはりSIXTEENやI.O.Iのときから知っている身としてはあるので、世代の代表であるソミにはやっぱり活躍してもらいたいものだ。

 

LEGGOですブログ: ソミという人物の個性を新曲「DUMB DUMB」を通じて再確認した件

 

SOMIの"DUMB DUMB"をApple Musicで

 

 

Jay Park & pH-1 - ALL IN

 

 

Jay ParkとpH-1、そしてプロデュースがGroovyRoomということで、いつもの仲間たちで固められた新曲。RAGEというシンセなどEDM系の音を取り入れたトラップビートがヒップホップで流行っているが、そっちのタイプではなく直接的にEDM系のノリを投入した作品。筋トレ系のYouTuberとか使いそうなやつ。こっち系のノリは日本人から人気があるし、普段から音楽を好んで聴いている層じゃない人でもテンション上がっちゃう!とかいう人が多そう。偏見だけど。

 

ジェイ・パーク, pH-1 & GroovyRoomの"ALL IN"をApple Musicで

 

 

Weeekly - La Luna

 

Weeeklyの"La Luna"をApple Musicで

 

楽曲も学校をコンセプトにした毎回のテーマも結構好きなんだけど、どうしてもデビュー曲のTag Me (@Me)が好きすぎてイマイチ自分の中で爆発していないWeeekly。今回のタイトル曲であるHoliday Partyもぼちぼちって感じだったが、B面として収録されていたLa Lunaはかなりの当たり!WeeeklyのB面の曲だといちばん好きかも。

 

ボーカルとビートの相性がめちゃくちゃいいし、WeeeklyっぽくないけどWeeeklyらしいという絶妙なラインの1曲に仕上がっていると思う。歌モノなのでアルバムのラストでも全然いける曲だけど、この次にバラードを持ってきた流れもよかった。ノスタルジックとかエモいみたいな言葉が似合うWeeeklyのLa Lunaは8月のMVP候補の1曲目。あとピンクのジェヒがものすごく可愛い。

 

 

Rocket Punch - JOLLY JOLLY

 

Rocket Punchの"JOLLY JOLLY"をApple Musicで

 

7月の段階でイルデしてるのかと思っていたが、それは先行配信でアルバムの正式なリリースは8月だった。というわけで2回目の登場となるが、Rocket PunchのJOLLY JOLLYを紹介しておこうと思う。ちなみにこの曲は7月のMVP候補だった。詳しい感想は先月分のブログにて。

 

LEGGOですブログ: 【7月K-POP】SF9の名に偽りなし?幅広いアーティストの新曲が輝いた1ヶ月間

 

 

SUNMI - 1/6

 

 

ソンミの最新アルバム「1/6」からタイトルと同名の1曲を紹介。タイトル曲のYou can't sit with usやSUNNYもかっこよかったが、個人的には1/6がいちばん好き。特に「Don't wanna feel gravity」や「Don't wanna feel anything」というサビ前の歌詞に合わせて、ソンミの歌声とビートがダウンするパートが本当に渋い。このフロウを思いついたときにソンミは心の中でガッツポーズをしたに違いない笑。というわけでソンミの1/6もMVP候補です

 

LEGGOですブログ: ソンミの世界観100%なアルバム「1/6」を聴いて逆に悩むとは、カムバ前は思いもしなかった

 

ソンミの"1/6"をApple Musicで

 

 

Red Velvet - Queendom

 

 

この曲に関して最初に謝っておかなくてはならないことが。曲のQueendomもかなり好きだし、アルバム自体もかなり好きだったのでブログを書き始めたのだが、予想以上に長くなりそうな雰囲気なのでツイッターでアップするの遅れますと書かせてもらった。それから1ヶ月以上経っているが、実はまだ完成していない笑。というのも9月のカムバックが予想通り激しすぎて、やっぱり旬なものを早くアップした方がいいでしょ!ということで新曲のレビューブログを優先してしまい、レドベルの方が全く進んでいない。8月の曲を今頃紹介しているのもChuu Can Do Itのブログの更新が止まっているのも同じような理由から。せっかく書き進めたのでお蔵入りにせず更新したいとは思っているが、もうちょっと遅くなってしまいそうです!というのをご報告させていただきます。

 

Red VelvetのCDについてくるポスターのデザインってかっこいいの多いじゃん。しかもめちゃくちゃデカイのがいい。というわけでK-Pop関連のグッズって全く飾っていないけど、レドベルのポスターだけは飾っていて、専用の額もあるのね。もちろんQueendom買ったから、その額の中身を今回のポスターに変えた。つまりレドベルやK-Popをチェックしない日があったとしても、5人の姿は絶対毎日目にするわけ。なのでそれを見ると自動的に「レドベルのブログ書き終わってないぞ」ということも思い出させるわけで、決して忘れてたわけではないのでご安心を笑。

 

 

Queendomは普段のレドベルに比べるとシンプルに感じる人も多いかもしれないが、個人的にはめちゃくちゃ好き。メロディがかなり好みだし、絶妙に出てくる2stepのノリみたいな渋いアクセントもかっこいい。みんなで歌うパートもものすごくレドベルっぽいし、いい部分がめちゃくちゃ出た1曲だと思う。Poseを筆頭に収録曲もよかったし。というわけでRed VelvetのQueendomもMVP候補の1曲です

 

Red Velvetの"Queendom"をApple Musicで

 

 

GRAY - Ready To Love Feat. Hoody

 

GRAYの"Ready to Love (feat. Hoody)"をApple Musicで

 

アーティストとしてもプロデューサーとしても大人気のGRAYのアルバム「Grayround.」からReady To Love。客演には大好きなHoodyが登場。この2人のコンビといえばAdiosが有名だが、あれから2年経った今も抜群の相性を見せてくれている。聴きやすく正義感を感じるビートと2人の歌声がすっと入ってくるR&Bノリの歌モノ。

 

 

Ash-B - Bounce Dat A$$ Feat. 365LIT

 

Ash-Bの"Bounce Dat A$$ (feat. 365LIT)"をApple Musicで

 

韓国の女性ラッパーAsh-Bのアルバム「Brat of the Year」からBounce Dat A$$。韓国のラッパーといえばキャッチーなビートが特徴的で、女性だとさらにオートチューンで歌っぽくラップするというイメージがあるが、Ash-Bのアルバムはアメリカの女性ラッパーみたいにコテコテのヒップホップスタイル。しかもBounce Dat A$$はトラップではなく、かなり王道でオールドスクールっぽい雰囲気もある。808のカウベルが鳴りまくっているのも特徴的。

 

 

Stray Kids - Surfin' (Lee Know, Changbin & Felix)

 

 

Stray Kidsのアルバム「NOEASY」からリノ、チャンビン、フィリックスの3名によるSurfin'。MVが公開されたのは9月なので8月のおすすめで貼られているのはおかしいのだが、ブログを書くのが遅れたことで間に合ったため、せっかくだから貼っておく。

 

もうSurfin'は完全に2015年付近のTygaやDJ Mustardみたいな感じ。Kid Inkとか。日本で例えると完全にDJ PMX系のビート。一大風靡したタイプのビートが懐かしい気持ちになって結構楽しめ。ぜひその時代のヒップホップを聴いていた人はぜひチェックしてほしい。なぜ2021年にこの感じ?とは思ったけど14曲入り、しかもユニット系の特別な曲と考えたらありな気がする。5,6年前ってまだ振り返ったことなかったし、ちょうどいい時期のリリースな気もしてきた。

 

Stray Kidsの"Surfin' (Lee Know, Changbin & Felix)"をApple Musicで

 

 

KWON EUN BI - Door

 

 

IZ*ONEから1人目ということで、WIZ*ONEだけでなく多くのK-Popファンが注目していたウンビのソロデビュー。自分も8月のカムバの中でRed Velvetとウンビが最大の注目ポイントだった。このブログであまりIZ*ONEを取り上げている印象がないと思うが、CDを買うレベルには普通に好き。しかもウンビはIZ*ONEの中でぶっちぎりで好きだったメンバーだ。

 

自分がウンビを好きな理由はもうかなり単純。シンプルにビジュアルである笑。メジャーからマイナーまでかなりの韓国アイドルをチェックしている方だと思うが、その中で現役で2番目にビジュアルが好きである。ウンビのビジュアルの最大の特徴といえばIZ*ONEのメンバーからもネタにされていることもあって、おっぱいみたいなイメージがあるが、ちょっと待て!もう少し上を見ろ!顔めちゃくちゃ可愛いでしょ!と言いたい笑。それぐらい単純に顔が好みなのだ。

 

 

好きな理由のほとんどがビジュアルなウンビだが、もちろんアーティストとしての部分も好き。そんなウンビがソロデビューということで新曲も楽しみにしていたが、実はかなり不安だった。彼女が所属するWoollimエンターテインメントのアーティストは基本的に好みじゃない。ここ最近ではLOONAの初期の楽曲をプロデュースしていたことで知られているMonoTreeがWoollimのアイドルたちの楽曲をたくさん手がけており、ウンビの曲もMonoTreeが作曲することに決まったが、WoollimとMonoTreeコンビの曲は不思議と好きなものが少ない。それぐらい音楽的に自分と相性が悪いのだ。

 

それにIZ*ONEの楽曲も好きな曲と好みじゃない曲の差が激しく、0か100とはまさに彼女たちの曲のことというほどに。そんなこともあって、ウンビの楽曲がハマるか不安だった。自分はアイドル好きではなく音楽好きがベースなので、どれだけウンビが好きでも曲が好みじゃなかったら無理して聴くことはない。

 

 

そして実際にリリースされてDoorを含め、アルバム「OPEN」の曲を聴いてみたが好みじゃなかった。どこか淡白でベーシックに感じ、盛り上がりに欠ける印象だった。しかしSNSで積極的にアップされていたDoor Challengeを見ているうちに「あれ結構いいかも?」とだんだん思うようになり、再び曲を聴くとかっこよく感じるようになっていた。単純にミュージカルっぽいノリになれただけかもしれないが、噛めば噛むほどってDoorのことだったのね。

 

曲は途中からって感じだっただ、パフォーマンスは最初から結構好きだった。まず女性ダンサーの脚を抱かえた状態から始まるカットが最高。特にリンクを貼った動画の太ももが見えているバージョンはウンビの顔と相性抜群でめちゃくちゃ映える。そして2番の男性ダンサーたちに持ち上げられるダンス。1歩間違えたら関節外れそうなパフォーマンスはインパクト抜群。ビジュアル、楽曲、パフォーマンスが揃ったウンビのDoorは微妙からの大逆転で8月のMVP候補に

 

クォン・ウンビの"Door"をApple Musicで

 

 

CL - SPICY

 

 

CLの新曲「SPICY」は作曲にBaauer&Holly、作詞にはsokodomoが参加。CLとBaauerのコンビはもうお馴染み!そしてやっぱ効いてんね!他の韓国のアーティストでこのコンビの代わりになる人はいない。

 

CLの"SPICY"をApple Musicで

 

 

JAY B - B.T.W Feat. Jay Park

 

 

JYPエンターテインメントを離れ、H1GHR MUSICに所属することになったGOT7のJB(イム・ジェボム)改めJAY Bの選択は大成功と言えるだろう。JYPの先輩、そしてH1GHR MUSICのボスであるJay Park(パク・ジェボム)とのジェボムコンビでリリースしたB.T.Wはトラップベースの歌モノ。シンプルだけどしっかりパンチのあるビートと綺麗な歌声の相性が抜群で、セクシーな雰囲気も感じる1曲だ。

 

アイドルではなくアーティストという立場になったJAY Bだが、Jay ParkとともにM COUNTDOWNなどの番組に出演、GOT7のときと変わらずダンサーたちを引き連れてがっつりパフォーマンスを披露してくれている。また客演のJay ParkもJAY Bと一緒にダンスを披露、B.T.Wの活動時にSNSで「私の数ある仕事の1つ: K-POP STAR」と言っていたのがよかった。

 

 

JYPに所属していたときはジャクソンがGOT7の中で圧倒的に好きだったが、契約終了の活動だとぶっちぎりでJAY Bが好き。というわけでJAY BのB.T.Wも8月のMVP候補である。

 

JAY Bの"B.T.W (feat. Jay Park)"をApple Musicで

 

 

Lolo Zouaï & BIBI - Galipette (BIBI Remix)

 

Lolo Zouaï & BIBIの"Galipette (BIBI Remix)"をApple Musicで

 

K-Popの枠に入れていいのか謎だが日本語の曲だってリストに入れてるし、まあいいでしょってことでLolo ZouaïとBIBIのコラボをご紹介。Galipetteのリミックスに登場したわけだが、本当に2021年のBIBIの勢いが半端じゃない。毎月のように何かしらの新曲をリリースしているし、8月には他にもリリースしていた。活躍の場の幅もかなり広く、K-Popファン以外に彼女が知られる日も近いだろう。

 

 

PRITTI-G - Hola

 

 

PRITTIというキッズグループで活動していたメンバーが改名、PRITTI-Gとしてデビューした。2015年ごろから本格的に活動していたらしく結構キャリアがあるが、キッズグループだったということで最年長でも2003年生まれとめちゃくちゃ若い。マンネのジヨンはなんと2007年4月7日生まれ!ついにこのレベルにまでやってきたか。もし男性が18歳、女性が16歳と最速で結婚して1年後に子供を産んでいたとすると、男性で1988年、女性で1990年生まれの人だったら自分の子供でもおかしくないってこと。こう考えたらヤバイでしょ笑。女性の場合だと平成の域にまで入っているんだぜ!ってかよく考えたら、7年目のジンクスを迎えていない現役アイドルで自分と同い年の子もびっくりするぐらい限られてたわ笑。

 

そんな若々しいPRITTI-Gのデビュー曲「Hola」はかなり可愛らしい雰囲気で韓国アイドルっぽい楽曲。ぶっちゃけかなりマイナーなグループだけど、割とこの曲がかっこいい。テンション的にはfromis_9のDKDKをWeeeklyっぽい雰囲気にして、DIAが歌ったみたいな笑。まあ聴いてみてよ!割と好きな人多いはず。もうちょっとサウンドが強かったらMVP候補でもよかったが、この部分はマイナーグループでお金を余りかけられない反動だと思うのでご愛嬌。

 

PRITTI-Gの"Hola"をApple Musicで

 

 

 

 

 

MVPは見事なカムバックを果たしたQUEENたち

 

2021年8月のおすすめK-Popは以上となります。今回のMVP候補は、

 

  • Weeekly - La Luna
  • SUNMI - 1/6
  • Red Velvet - Queendom
  • KWON EUN BI - Door
  • JAY B - B.T.W Feat. Jay Park

 

の5曲で全員がアイドル出身ながら、キャリア的には結構ばらつきがある選出に。そんな候補から今回MVPに選んだのは、

 

 

 

f:id:leggodesu:20210928164455j:plain

Photo by Twitter(@RVsmtown)

 

 Red VelvetのQueendom。2019年の末から様々なことが重なり、どこか勢いが落ちていたレドベルがやっと完全体でカムバック。1位も取って本当におめでとう!という感情論でMVPに選んだわけでは決してありません。シンプルに曲がめちゃくちゃかっこよかったのです。

 

レドベルってデビューしたときから知っているけど、今まで1回もいちばん好きなアイドルという枠にはなったことがない。バラエティ番組とかも普通に見ているし、毎回カムバを楽しみにしてアルバムもかなり聴いているが、自分をReVeluvだと思ったこともない。それなのに気づけばCDを買っているし、Red Velvet専用の額があってポスターは飾られてるし、公式のTシャツも普通に私服で着ている。集めていないがCDとは別にもらった溢れトレカ用ケースはLa Rougeの韓国版グッズのスルギのやつを使ってる。個人的なランキングだと常にギリギリトップ10ぐらいかな?なんて思ってたけど、実はものすごく好きなのかもしれない笑。K-Popのグッズで見せるようにおいてあるの、レドベルのポスターだけだし。まさかのこのタイミングでレドベルを自分の中で再評価するきっかけにQueendomがなりました。

 

 

 

というわけで8月のおすすめK-Popは以上です。後半はいつも8月以外のK-Popや他ジャンルの曲などを番外編としてご紹介してますが、今回は更新が遅くなってきたので他ジャンルはなし!K-Pop関連の番外編のみとします。

 

 

 

 

 

番外編おすすめソング

 

順番はノリで。

 

 

Weki Meki - Iron Boy

 

 

ウンビのDoorの紹介のときに「ウンビが個人的現役ビジュアルランキング2位」と書いたが、では現役でいちばん見た目が好きなのは誰なのか?それはWeki Mekiのドヨンである。しかも2位以下を大きく離してぶっちぎりのいちばん。プデュのときから好きで、年々大人っぽくなっているのも最高。自分は男でストレートだが、見た目がドヨンになれるなら男の娘でもいいからしてほしい笑。テンション的には男性が女性を可愛いというのではなく、女性が女性を可愛いというのに近い感じ。ってかウンビもそっちタイプ。

 

そんな現役ビジュアルランキングぶっちぎり1位のドヨンを紹介したかったから貼ったわけではなく、たまたま最近Weki MekiのIron Boyをよく聴いていた。2018年のアルバム「Lucky」に収録されていたIron Boyだが、当時から大好きで今も普通に聴いている。ずっと聴いていたので今まで気づかなかったのだが、よくよく考えてみると2020年からのK-Popのトレンドに結構ハマっている。ファンクやディスコをベースとしたレトロなスタイルが大流行していたが、Iron Boyはファンクのノリを採用しており今っぽい。ただ2021年の曲と違う部分があり、それはレトロっぽさがない点だ。

 

最近の曲はレトロな雰囲気を出すためにファンクを取り入れていた印象だが、Iron Boyはシンプルにファンクっぽいギターのサウンドをビートに投入。その生っぽさが他のサウンドと混じり合ってグルーブ感を生んでいる。そのため今っぽいけど性質が違って、地続きで聴くと新鮮で面白いのだ。ぶっちゃけファンクやディスコを軸としたレトロな曲には飽きたでしょ?そんなタイミングで聴くにはかなりバッチリ!あなたのプレイリストに程よい変化をもたらしてくれる。

 

 

B面の曲だし、Weki Mekiもメインストリームとはちょっと違うので聴いたことない人もおいだろう。そんな人はぜひチェックしてみてね!ついでにドヨンのビジュアルもどうぞ。2019年の動画を貼ったが、当時のビジュアルも超次元。ほんと寝て起きたらこうなってないかな?

 

Weki Mekiの"Iron Boy"をApple Musicで

 

 

고메치킨 x ITZY - Joyful MomenT

 

 

ITZYの企画モノでチキンのCMソング。ちゃんと曲を作ってMVも存在しているわけだが、音源としてリリースされているわけではない。なので8月30日に公開されたが、ちゃんと音源としてリリースされている曲を候補としているので新曲の枠には入れず、番外編で登場させた。この曲に気づかなかった人も多いと思うので、よければどうぞ!音楽としてはまさにコマーシャルソングって感じ笑。

 

 

 

今回は絞ったので、番外編は以上となります。9月のカムバはまじでやばすぎるので名曲が多い可能性大!というかこのブログを書くのが遅くなったので、9月も終わりそうな時期です笑。ちなみにかなり期待していたのに、それをサクッと超えるぐらいの当たり月です。まとめたら半端じゃない量のラインナップになってしまいそうな気がしますが、次回は早めにアップできるよう頑張ります。近いうちに会いましょう。ではまた!

 

 

 

【LEGGOですブログ関連のSNS

 

・Twitter: @leggodesublog

ブログの最新情報やK-POPに関連するトピックを発信。筆者のK-POP垢的な一般的なツイッター要素もあり。

 

・Apple Music: @mbnp

筆者のApple Musicアカウント。K-POPを中心としたプレイリストを公開中。特定のアイドルのお気に入りの楽曲をプレイリストとして作成したものや年間ベストなど。