LEGGOですブログ | K-POPを主観100%で語る

ヒップホップ好きが気づいた時にはK-Popに夢中になっていた件。

チョンハはアイドルではなくアーティスト?と感じる新曲『Stay Tonight』

チョンハが先行シングル『Stay Night』をリリース

 

約10ヶ月ぶりにチョンハが帰ってきた!ということで去年の6月にリリースした4thミニアルバム『Flourishing』ぶりの新曲リリース。まあ客演やOSTみたいなものをリリースしていたし、メディア露出も高めなので久しぶり感はないのだけど笑。

 

f:id:leggodesu:20200428190235j:plain

10ヶ月ぶりだけど久しぶりに感じないということはものすごいことで、チョンハがいかに人気なのかがわかる。ICM Partnersと契約を結んだことにより、これからはアメリカなどへ海外進出も行うだろう。88risingとコラボもしたことでアジアの音楽に興味がある人たちにも挨拶済み。大手事務所ではないのですでに道があるわけではないだろう。しかしそれが逆に強みになってどんどんチョンハらしい道を切り開けるのではないか?と思っている。ソロであることも自分のスタイル100%でいけるので強い。

 

leggodesu.hatenablog.com

 

 

ソロデビューをしたチョンハは最初こそグループじゃなくて大丈夫か?というイメージが少しあったが、その考えが間違いだとすぐ証明してくれた。楽曲は毎回様々なスタイルを取り入れつつも聴いた瞬間にチョンハの曲だ!とわかる個性がある。ダンスはもちろんI.O.Iのときから強み。見た目もどんどん綺麗になっていくし、他のK-Popのアーティストが出演しないYouTubeや多ジャンルの動画に出演したりと幅が広い。アーティスト色が強めな割に普通のバラエティに出演もするし。I.O.Iのメンバーの中で別格で活躍しているという印象を持っている人も多いだろう。それどころか韓国の女性ソロアーティストの中でいちばん活躍しているのでは?という可能性すらある。

 

 

そんなバケモノ歌手に成長したチョンハの新曲のタイトルはStay Tonight。この曲はのちに発売されるチョンハの正規アルバムの1曲という立ち位置で、先行シングルとしてリリースされた。なので今回はカムバックの活動をしないということもあり、ブログで紹介しなくてもいいかな?と思っていたが、聴いてみたらチョンハの今までの曲の中でいちばん好きかもしれない!ということになったので紹介しようと思う。

 

 

 

CHUNG HA - Stay Tonight

 

www.youtube.com

 

Stay TonightのジャンルのメインはDeep House。このジャンルで他のK-Popアーティストの曲で有名なものだとSHINeeのViewやf(x)の4 Wallsなんかが出てくるがちょっと違う気がする。なんというかもっと現代的というか。音楽の専門家ではないので、言語化できなくてすみません。こっちのジャンルは詳しくないです笑。K-Popってちょくちょくこういう雰囲気の曲があるので、こういう雰囲気の曲はディープハウス!みたいな感じで思っておいていいでしょう笑。ちょっとBoAっぽさもあるよね。さっきからSMの人ばかり出てきている。

 

だからと言ってチョンハらしさがないというわけではない。というかチョンハっぽさ全開に感じる。どんなジャンルのスタイルを披露しても、聴いた瞬間に違和感なくチョンハの曲と感じるのは本当にすごい。大人気の歌手ということは大衆に受けている。ということは誰にとっても聴きやすい曲というのが一般的。でもたまに大衆受けの曲を作っているわけではないけど大衆に受ける存在がいる。アメリカでいうTravis Scottとか。そんな感じの存在にチョンハは韓国でなっていくのかな?と思っている。チョンハの曲はK-Popの王道とは違うけど、どの曲もキャッチーさがある。クセとキャッチーのバランスが絶妙なのがチョンハ。アーティストであり、K-Popアイドルでもあるというか。まだまだ若手の部類なのにソロでここまで存在感のある人はいない気がする。

 

 

MVはいつも通りのチョンハって感じ。なんかチョンハって広いところで踊っているイメージあるよね笑。ほとんどの曲がセットでチョンハのソロシーンとみんなでダンスのシーンに分かれているみたいなイメージがあるのは自分だけ?

 

 

www.youtube.com

今回楽曲よりも注目されているのでは?と思われるのがチョンハのダンス。VogueingやWacckingを取り入れていること、またヒールを履いた男性が登場することからもチョンハがLGBTQ+を支持しているということが話題になっている。ダンスがただ単にかっこいいというもので終わらず、そこにプラスしてメッセージ性まであることが、チョンハをK-Popアイドルという存在からアーティストという存在に押し上げている要因だと思う。

STUDIO CHOOMの動画は高画質でヌルヌルなので本当に好き。結構いろんなアイドルがダンスを披露するようになってきて嬉しい限り。

 

www.youtube.com

Vogueingといえばやはりマドンナ。1990年3月にリリースされた曲でK-Pop好きの層を考えると生まれていない人が多いかもしれない。自分も生まれていないし笑。ただもちろんこの曲のことは知っているし、普通にCDも持っている。それぐらいクラシックな曲なので聴いたことのない方はぜひ。チョンハのStay Tonightに通じるものを感じることができると思う。せっかくなのでMTV Awardsで披露したバージョンも貼っておきます。最高なのでぜひ。

 

www.youtube.com

 

 

とまあ楽曲のかっこよさ以外の部分でも話題になるポイントが多かったチョンハのStay Tonight。これが先行シングルということを考えると正規アルバムがどんな作品になるのかが楽しみだ。自分的にもStay Tonightがかなり好みでまだリリースされたばかりということもあり数十回しか聴いていないので判断しにくいが、もしかしたらチョンハの曲の中でいちばん好きになるかもしれない。これからじっくり聴いて判断しようと思う。

 

というわけで今回はStay Tonightについてはここまで。チョンハの新曲がかっこいいから聴いてみて!というブログなので内容も説明みたいな感じだったし、リリースされたばかりなので薄いブログになったかもしれませんし変なことを言っているかもしれませんが、チョンハのStay Tonightに興味を持っていただけたら幸いです。最後にチョンハのStay Tonightのリンクと自分の中でStay Tonightといちばん好きな曲候補を争っている楽曲を貼っておきます。それとチョンハが所属する事務所について書きたいことがあるので、最後におまけとして書いておきます。ではまた!

 

Stay Tonight - CHUNG HA

 

 

 

www.youtube.com

 

Wow Thing - SEULGI, SinB, CHUNG HA & ソヨン

 

 

 

 

2020年4月はMNH Entertainmentの優勝?

 

www.youtube.com

 

www.youtube.com

 

今回紹介したチョンハのStay Tonight以外に、4月にMNHエンターテイメントからリリースされた曲がある。それはBVNDITのChildren。この曲は個人的にかなりお気に入りでブログにもした。MNHエンターテイメントに所属する歌手はチョンハとBVNDITのみ。あれ?と言うことは?

 

4月ってMNHエンターテイメントの大勝利やん!!!

 

ということになる。2曲だけとはいえ事務所からリリースされた全曲がお気に入り。これは優勝としか言いようがない!

 

leggodesu.hatenablog.com

 

Children - BVNDIT

 

 

 

 

Photo by Twitter(@CHUNGHA_MNHent)

©︎MNH ENTERTAINMENT, 2017.

 

twitter.com