LEGGOですブログ | K-POPを主観100%で語る

ヒップホップ好きが気づいた時にはK-Popに夢中になっていた件。

1月のお気に入りK-Pop。粒ぞろいだったけどハマったのはまさかのカイ

1月のお気に入りK-Pop

 

 

 

2021年1発目のお気に入りのK-Pop特集!

 

元気よく紹介していきたいところですが、今回の1月は自分にとってはいつもと少し違う感じになった。なんとお気に入りのアルバムがなかったのだ。何だかんだで毎月お気に入りのアルバムが絶対リリースされていたが今回はなし。曲単体として好きな曲はたくさんあったのだが、全体を通して好きなものがなくブログでもアルバムレビューをすることがなかった。そしてもう1つはいちばん聴いた曲が1月リリースの作品ではなかったということ。そういうときもたまにはあるが、今回は圧倒的で再生回数で余裕のダブルスコア。しかもそんな曲が2曲もある。リリースされたときはまあ好きかな?というレベルでブログで取り上げることもなかったのに、今ではがっつりハマってだいぶ出遅れているのにアルバムも購入してしまった笑。

誰なのかは後で出てくる。まあタイトルでネタバレしてるけどね笑。

 

 

そんな自分にとってはいつもと違って不思議な期間だった2021年1月のお気に入りK-Popの紹介です。この企画のルールについては初回のブログに書いてあるのでそれのリンクと、前回分となる12月のお気に入りのブログのリンクを貼っておきます。

 

leggodesu.hatenablog.com

 

leggodesu.hatenablog.com

 

 

前置きはこれぐらいにして早速始めていきましょう!

 

 

 

IZ*ONE - D-D-DANCE

 

 

まず最初に紹介するのはUNIVERSEで公開されたIZ*ONEのD-D-DANCE。YouTubeで公式映像として公開されているのはプレビューのみで、フルは新しくK-Pop界に登場したプラットフォーム『UNIVERSE』で見ることができる。単純に曲がかっこいいというのと同時にUNIVERSEというアプリがK-PopファンにとってVLIVEばりに定番アプリになるのか?という意味も込めて注目しない訳にはいかない。12月のアルバムのかっこよかったし1月のD-D-DANCEもよかった。今いちばん楽曲がアツいのはIZ*ONE?

 

leggodesu.hatenablog.com

 

Listen on Apple Music

 

 

woo!ah! - I Don't Miss U

 

 

この曲が収録されているQURIOUSがリリースされたのは11月末だったけど、MVがリリースされたのは1月だったということで登場。00年代のポップスやヒップホップのようなテンションに10年代前半のK-Popアイドルのノリを足したような雰囲気に感じた。絶妙な懐かしさがありつつも今っぽさもあって密かにハードな曲だと思う。woo!ah!といえばトラップ強めの曲でデビューしたのでI Don't Miss Uを含めQURIOUSに収録されていた曲たちは自分の中でちょっと違って、アルバムがリリースされたときは特に引っかかってなかった。でも時間が経ってデビュー曲の強かったwoo!ah!の残像がなくなったことで普通に楽しめるようになってきた。I Don't Miss UのMv公開と歌番組での活動がアルバムリリース時期とずれていたことは自分にとってかなりいい影響を与えることになった。

 

Listen on Apple Music

 

YOUHA - Abittipsy

 

 

先ほどのwoo!ah!が00年代のポップスならば、YOUHAのAbittipsyは10年代前半のポップスのような雰囲気がする。M COUNTDOWNなどにも出演しているので知ってる人は知っていると思うが、まだまだ知名度が低いと思うけどかなりポテンシャルを感じるんだよね。10年間練習生を経験したということで、まだデビューして1年とかのレベルだけど実力は折り紙付き? 오늘 조금 취해서 그래という結構長めの韓国語のタイトルが英語になるとAbittipsyという単語にぎゅっと収まるのがなんか面白い。

 

Listen on Apple Music

 

 

(G)I-DLE - MOON

 

Listen on Apple Music

 

いわゆるK-Popの枠に当てはまらないグループの代表といえばMAMAMOO。ではもう少し下の世代の場合は?即答で(G)I-DLEが出てくるだろう。そんな彼女たちらしさが今回も炸裂。I burnはいい意味でいつも通り。ボーカルもビートのチョイスも(G)I-DLEらしさしかない。今回のアルバムのお気に入りはMOONでミンニのサビが特に好き。あとミヨンの姫カットが最高すぎた。

 

 

Epik High - Rosario Feat. CL & ZICO

 

 

この曲に関しては一言。メンバーが面白い!

 

Listen on Apple Music

 

 

HyunA - Show Window

 

Listen on Apple Music

 

久しぶりにヒョナ聴いてるな〜!って実感できるタイトル曲のI'm Not Coolでも、同じくMVがリリースされたGOOD GIRLでも、客演にイドンを迎えたParty, Feel、Loveでもなく自分のお気に入りはShow Window。Followingに収録されていたDARTやA'wesomeに収録されていたU & MEみたいなR&Bのテンションが感じられるヒョナの曲ってめちゃくちゃ好きなんだよね。というわけで今回のアルバムの中でその枠に当てはまるShow Windowもめちゃくちゃ好きだった。一般的なヒョナのイメージとはかなり離れたスタイルだけどまじでかっこいいので、チェックしてなかった人はこの3曲ぜひ聴いてみてね!

 

 

Dreamcatcher - Odd Eye

 

 

ペンライトがクソかっこいいことが話題のDreamcatcherの[Dystopia : Road to Utopia] からタイトル曲のOdd Eye。ロックやメタルのテンションはキープしつつもトラップっぽいハイハットの音が入っていたりして、絶妙なK-Popらしさもあり意外とキャッチー。ってなわけでおすすめ。テレビ局もしくはYouTubeなどでペンライトを持った闇の魔法使い状態のDreamcatcherと同じくペンライトを持った光の魔法使い状態のLOONAが対戦する企画をやってほしい。あんなに両者のペンライトとケープを比較することがSNSで話題になっていたわけだし、どうですか韓国の芸能やテレビ関係の皆さま?

 

Listen on Apple Music

 

 

U-KNOW - Eney Meeny

 

 

U-KNOWという名前にはもしかしたら馴染みがないかもしれないが、東方神起のユンホといえばわかるだろう。それぐらい韓国はもちろん日本でも韓国人アーティストのレジェンド的な立ち位置にいる東方神起ユンホの新曲。かっこいい曲だと思うけど、ぶっちゃけそこまで自分のタイプの曲ではない。ではなぜ紹介しているのか?それはMVがとてもかっこいいからだ。ミュージカル的な雰囲気のあるMVでユンホとRed Velvetスルギのダブル主演的な映像作品になっている。2人の掛け合いをぜひ実際に楽しんでみて!

 

Listen on Apple Music

 

 

1月リリースされた曲の中のお気に入りは以上です。いつもはMVPを選んでいますが1月はなし。その理由は最初にも書いた通り圧倒的に聴きまくっていた曲が1月の作品ではなかったため、MVPとはっきり言えるレベルでハマった曲がなかったから。強いて挙げるならばYOUHAのAbittipsyかな?と思う。というわけで1月にいちばん聴いた曲は番外編お気に入りソングのコーナーでどうぞ。

 

 

 

 

 

番外編お気に入りソング

 

ここからは番外編です。このパートのルールに関しても初回のブログに書いてあるのでそちらを参考に。

 

 

KAI - Mmmh

 

 

最初に言った1月リリースではなかったけどめちゃくちゃ聴いた2曲のうちの1つはこちら。EXOのメンバーであるカイのMmmh。11月にリリースされたEP『KAI』のタイトル曲でリリースされた頃もちょくちょくは聴いていたが、まさかのこのタイミングで大爆発。去年の段階では曲よりの噂の女性ダンサーno:zeにばっかり注目してた笑。上に貼ったSTUDIO CHOOMの動画の2:14で映像が切り替わったときにカイの左側にいる女性。最初のポジションだとセンターにいる方。

 

 

 

元々知名度があったダンサーだけどカイとのパフォーマンスで普段ダンサーに注目していないようなK-Popファンにまで知れ渡った。あのハンティング系のゴーグルもえげつなく似合っていてすごく美人。インスタのリンクを埋め込んでおいたので気になった方はぜひチェックを!アカウント名は@noze_wayb

 

 

話が逸れたのでMmmhに戻そう。急にこの曲にハマりだした理由は確かYouTubeの自動再生で勝手に流れてきたような気がする。それでリリースされた頃ぶりに聴いたら、あれ?この曲こんなにかっこよかったっけ?となって再び聴くようになったという流れ。最終的にはイヤホンのみで100回近く聴いていた。スムースなR&BスタイルのK-Popで、ダンスもメリハリがありつつスムース。イヤホンベースで聴くのも映像ベースで見るのも楽しくて、聴き応えと見応えが両立された素晴らしい曲だと遅れて気づくことになった。

 

Listen on Apple Music

 

 

KAI - Reason

 

 

もう1曲の聴きまくった曲もまさかのカイ。まじで謎の出遅れ笑。先ほどのMmmhのスムースな印象と違ってReasonはかなりハード。ビートはもちろんのことながらダンスも全然違うので、自分はMmmhとReasonでメリハリをつけて楽しんでいた。そんなこともあって2つで1つ的な印象に自分の中ではなっていて、再生回数もほぼ同じ。このカイの2曲が1月のMVPとなるだろう。いつもはMVPの候補はその月にリリースされた曲から選んでいたのでMVPとはこの企画では言えないけど、 今回は影のMVP的な感じでね。

 

あとReasonってビートとかはハードだけど歌い方に関してはMmmhと同じくスムースな感じなんだよね。その緩急のつけ方も面白くて好き。

 

Listen on Apple Music

 

 

RAIN - Switch to me (duet with JYP)

 

 

2020年最終日にリリースされたため12月のおすすめから漏れてしまったが、めちゃくちゃおすすめなピとJYPのSwitch to me。がっつりニュージャックスウィングの曲で歌もビートもダンスもいいし2人の相性も抜群。ニュージャックスウィングで固めたEPをリリースしてほしいぐらい。MVにはPSYも出てきて結構豪華。ってかRAINをピで表記して文章の中に組み込むと誤字みたいになるね笑。LOONAのオリビアヘ的なノリ。 

 

Listen on Apple Music

 

 

50 Cent - Part Of The Game Feat. NLE Choppa & Rileyy Lanez

 

 

かなり久しぶりに聴いた50 Centの曲はチルというかゆったりしたテンションの曲。2020年のK-Popのトレンドがファンクやディスコを取り入れたレトロスタイルだったことはみなさんご存知ですよね。そんな流れがあったからか50 Centの新曲を聴いたらK-Popを思い出した笑。そんなわけでまさかの2021年に50 Centの紹介を。

 

Listen on Apple Music

 

 

Thutmose & Bankulli - Iyawo

 

Listen on Apple Music

 

Thutmoseの新しいアルバム『Best of Both Worlds: Side B』からBankulliを客演に迎えたIyawo。先ほどの50 Centという懐かしいラッパーからの流れでこの曲も紹介。Iyawoを初めて聴いたときKanye WestのJesus Walkを思い出した。実際にサンプリングされているのかは不明。

 

 

 

 

番外編は以上です。普段より曲集が少ないのはそれだけカイのMmmhとReasonばっかり聴いていたから。リリースされた当時は本当にそこそこ、偏差値でいうところの53って感じだったのにこんなにハマるとはね。音楽ってそのときの気分で結構変わるもんだね。それでは次回2月のお気に入り紹介で会いましょう。ではまた!

 

 

 

・My Twitter

twitter.com

 

Apple MusicでK-Popをメインにプレイリストを公開しているので、よければぜひ聴いてみてください!

apple.co