LEGGOですブログ | K-POPを主観100%で語る

ヒップホップ好きが気づいた時にはK-Popに夢中になっていた件。

完全主観!2月のBLACKPINKのファッションベスト5!*着用アイテム詳細あり

主観で語るBLACKPINKのファッション

 

 毎月のレギュラー企画として行なっているBLACKPINKのファッション特集。このブログでは1ヶ月間の間にBLACKPINKのメンバーたちが個人のインスタグラムのアカウントにアップした写真を元に完全に自分の主観のみでランキングをしています。今回は少しアップが遅くなってしまいましたが、2021年2月のファッションを見ていきます。この企画の詳しいルールについては初回のブログに書いてあるのでリンクを貼っておきます。

 

LEGGOですブログ: 完全主観!8月のBLACKPINKのファッションベスト5*着用アイテム詳細あり

 

 

実際にBLACKPINKが着用したアイテムのブランドが判明したものについては詳細を書いていきます。また日本から購入が可能なアイテムに関してはリンクも貼っていくので、ブルピンとお揃いにしたい!という方はぜひ参考にしてみてください。

 

 

というわけで早速2月のBLACKPINKのファッションを見ていきましょう!

 

 

 

 

 

 

2月のBLACKPINKファッション!ベスト5!

 

2月は意外と候補が少なくて悪い意味で選ぶのが難しかった笑。1月にYouTubeで行なったオンラインライブ『YG PALM STAGE - 2021 BLACKPINK: THE SHOW』と3月のロゼのソロデビューの間ということで大人しかったということにしておこう。

 

 

 

第5位: ジェニの新たな一面

 

f:id:leggodesu:20210314034623j:plain

Photo by Instagrtam(@jennierubyjane)

 

Tops: CHANEL

Jeans: CHANEL

Shoes: CHANEL (公式)

Accessories: CHANEL COCO CRUSH (公式)

 

 

第5位はジェニ。全身シャネルでクロップ丈のトップスとストレートのジーンズのセットアップ。そこにいわゆる便所サンダルを合わせて、アクセサリーはシャネルのココクラッシュのシリーズで統一。ミュールも指輪とかと同じシャネルのシンボルの1つであるキルティングモチーフになっており、カジュアルだけど上品なシャネルらしいスタイルになっている。上品だけど大胆に着こなしたスタイルに合わせてジェニのメイクも普段と違う雰囲気に。写真全体としてもVOGUEらしいかっこいいシューティングだ。

 

これがなぜ5位なのか。理由は単純で真似するのがめちゃくちゃ難しいから。シャネルのアイテムを着ていて、メイクもがっつり力が入っているからこそ成せる技。普通のデニムのセットラップに便所サンダルを合わせてアクセサリーをいっぱい付けたところでこういうスタイルにはならない。というわけでかっこいいけど参考にはならないという理由で5位です。ただこのスタイリングはかっこいいしメイクも最高。普段のジェニとは全然違うスタイルで楽しませてくれた。

 

 

第4位: セクシーさと個性を配合したジス

 

f:id:leggodesu:20210314040525j:plain

Photo by Instagram(@sooyaaa__)

 

Knit: Dolce&Gabbana (公式)

Dress: Dolce&Gabbana (NET-A-PORTER)

 

 

第4位はジス。BLACKPINKのメンバーの中でいちばん露出度が少なくセクシーな印象が弱いジスだが、今回は真っ赤で艶っぽいスタイルを見せてくれた。全身ドルチェ&ガッバーナで固めているのだが、柔らかくさっくりしたサイズ感のニットとサテンでパキッと決めたレースアップのドレスという相反する印象のものを組み合わせており、真っ赤でセクシーな服装という単純なもので終わらない。緩いニットを合わせることでジスの親しみやすいキャラクターをキープしていて流石だと思った。ジェニとかだったらこういうニットをドレスには合わせないだろう。

 

 

第3位: ジェニにとってフォーマルとファッション性のミックスは朝飯前

 

f:id:leggodesu:20210314042219j:plain

Photo by Instagrtam(@jennierubyjane)

 

Shirt: alexanderwang (farfetch)

Skirt: Spooning (公式)

Shoes: Gianvito Rossi (公式)

 

第3位は再びジェニ。ジェントルモンスターのイベントに登場したときのスタイリングでアレキサンダーワンのカットオフブラウスにジャンヴィトロッシのグラディエーターサンダルで決めまくったところに、韓国のブランドであるSpooninigのウールだけどカジュアルさのあるミニスカートを合わせた。

 

 

f:id:leggodesu:20210314043408j:plain

Photo by Instagrtam(@jennierubyjane)

 

デザインが効いているアイテムが多いがシルエットがどれも女性らしいものばかりなので崩しすぎになっておらず、イベントのようなメディアがいる場所でもすんなりフィットしている。フォーマルからの派生だけどファッション性が高いアイテムとジェニの相性って本当にいい。

 

 

第2位: ステージ要素100%でもしっかりカルチャーを大事にしたリサの衣装

 

f:id:leggodesu:20210314044035j:plain

Photo by Instagram(@lalalalisa_m)

 

Jacket: Bonbom

 

第2位はリサ。THE SHOWでのスタイリングをセレクト。 ブランドが判明したのはジャケットのBonbomのみで、しかもリンクはなしです。

 

LEGGOですブログ: THE SHOWでしか見られないBLACKPINKの面白さがそこにはあった

 

 

選んだ理由は単純にかっこいいというのと絶妙なアメカジっぷりから。フリンジがたっぷりついたごっついロングブーツが最初に目に入ってくるだろう。こんなのステージでしか着れないよ!って感じだけど、こういう紐系がいっぱいついているのとかスターウォーズのチューバッカの脚みたいな靴って意外と人気あるよね。Rick Owensのこっち系のシューズをBloody OsirisとかLil Uzi Vertが着用してるし。その流れからかFound on Grailed系の人からは認知されているイメージ。

 

フリンジといえばアメカジの印象が強い。そこからの流れでデニムやチェックシャツの切り替えが使われているトップスを使用。またフリンジブーツの持つヴィンテージ感もしっかり拾っていてデニムのショーツの色合いは古着っぽい印象があるものだし、トップスのカーキの色合いもヴィンテージやミリタリーの印象がある。ミリタリーといえばアメカジと同様に古着の印象があるジャンル。個性的なアイテムばかりだがベースの印象が似たものばかりなのでしっかりまとまっている。ステージ衣装ではあるがデイリーな着こなしに取り入れられる要素がたっぷりだ。

 

 

第1位: どれだけカジュアルになっても女性らしさは崩れないロゼ

 

f:id:leggodesu:20210314044110j:plain

Photo by Instagram(@roses_are_rosie)

 

Tops: alexanderwang (Luisaviaroma)

Shoes: Adidas (公式)

 

今回の1位はロゼ。2~5位とは違って普段着感抜群のルックとなった。クロップドのトップスにミニスカート、白のソックスと白のスニーカーということで元気だけどしっかり女性らしいスタイリングになっている。アレキサンダーワンのサテンのキャミ的なのがくっついたTシャツはランウェイのルックということもあり、しっかりデザインが効いている。クロップ丈という女性らしさにサテンのキャミという女性らしさをくっつけた欲張りアイテム。ショート丈のパンツではなくスカートというのもいい。カジュアルな服装ってボーイッシュになってしまう可能性が高いだ、ロゼの場合は女性らしさ盛りだくさん。それに結構露出度もあるので肌見せが似合うロゼにぴったり。

 

アイテムの細かいチョイスと肌を見せる面積、このバランスがかなり参考になると思う。カジュアルで動きやすい格好が好きだけどボーイッシュなのは嫌いという人や、スニーカーにハマったからカジュアルな服装に挑戦したいけどよくわからないという人は参考になるだろう。ちなみにロゼが履いているアディダスの「ニッツァ プラットフォーム」は税込8789円!とても買いやすい値段なので白のスニーカーが欲しいという人は参考にしてみては?お手軽にブルピンとお揃いにできるのでオススメ。

 

 

 

というわけで2月のファッション企画は以上です。更新が遅くなってすみませんでした。少しでも参考になれば幸いです。更新が遅れたことによって、なんと3月12日のロゼのソロデビューよりブログを書くのが遅くなってしまいました笑。なのでせっかくだからロゼのソロ曲の紹介もおまけとしてしておきます。まだ聴いていない人はぜひチェックしてみてください。3月のBLACKPINKのファッション特集で会いましょう。ではまた!

 

 

 

 

 

ROSÉ - R

 

 

ロゼが『-R-』をリリースし、遂にソロデビューを果たしました。THE SHOWで先行で聴かせてくれたGoneとタイトル曲であるOn The Groundの2曲。MVやメイキングの公開、さらに現在カムバック期間中で歌番組でパフォーマンスをしています。

 

トラップが流行りまくった現代のポップス、アリアナ・グランデジャスティン・ビーバーのようなアーティストだってトラップビートで歌っている。BLACKPINKもヒップホップのイメージが強くトラップの曲も数多くある。そんな時代にロゼのソロ曲はめちゃくちゃポップスでギターのメロディからのEDM系。かなり王道のポップスになっており歌詞は全て英語。韓国とニュージーランドという2つの国籍を持つバイカルチュラルなロゼらしい曲となっている。王道であることが逆に王道にならない時代にリリースされたロゼのソロ曲についてブログにまとめたのでリンク貼っておきます。新曲とともにぜひチェックしてみてください!

 

Listen on Apple Music

 

LEGGOですブログ: BLACKPINKロゼのソロ曲はバイカルチュラルな彼女の個性をそのまま表現した作品

 

 

 

・My Twitter

twitter.com

 

Apple MusicでK-Popをメインにプレイリストを公開しているので、よければぜひ聴いてみてください!

apple.co